職人気質

現在、市内にあるお寺の庫裏の新築工事の仕事に取り組んでいる・・・

最近の木造建築物には珍しくプレカット工法は使わず、軸組を丸太で組む工法で、工務店
の棟梁たちが墨付け、刻みも手作業で行なっている・・・

丸太特有の捻れと曲がりはコンピューター(パソコン)では見出だせないらしく、在来の
木造軸組工法となったらしい・・・

私の請け負った屋根工事は銅板による一文字葺きという工法で、よく神社やお寺の屋根に
使う工法である・・・これから一ヶ月近く屋根の上の工事が続く・・・

何しろ、木造工事は化粧野地と云って屋根下地が出来るまで一ヶ月以上かかったらしい・・・
仕上がりは発注元の住職も頷く程で、棟梁たちは「どうだ!」と言わんばかりの自慢顔
である・・・

無垢板の木目や木肌の柔らかさは落ち着く優しさがある・・・

今の時代、安く!早く!の建築業界・・・勝ち残って行くには仕方の無い事ではあるが
職人の腕と技術を発揮できる気質の現場が偶にはあってもいいと思う・・・

どんな仕事に従事していてもプロとしてのプライドを持ち自分の仕事に誇りを持つ!

住職の孫で幼稚園児の子供は幼稚園から帰ってくると、必ず現場に遊びに来る・・・
小さなカナヅチとおもちゃのノコギリで材木の端材を切ったり叩いたりして遊んでいる
「僕は大きくなったら大工さんになる!・・・もっと大きい家をつくるんだ~!」
「お前は坊主になるんだよ!決まっているだろ!・・・」住職はたしなめる・・・
「だって大工さんはカッコイイも~ん!」・・・

多分、この幼稚園児の孫も成人すれば立派な坊さんになると思う・・・誇りを持った
自分の仕事が人に羨まれる程、冥利に尽きるものはない。・・・

どんな仕事をしていても皆、その道のプロでありその道の職人である・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR