邪な心

今週末の土日に武尊山の登山を前々から予定していた・・・

本格的な登山は今年は初めてで、紅葉真っ盛りの山を登るのを楽しみにしていた。

一年でもっとも美しい山々を歩くには気候的にも最高で澄んだ空気がひんやりと心地良い。

が、またもや台風の影響に阻まれた・・・と云っても、結果論としては回復した天候に
無理すれば登れたかもしれないけど・・・

早朝、山小屋で用意して登山口に着いたのはまだ薄暗い6時前・・・黒い雲に覆われていて、
雨風が強く身体の芯まで冷える程の寒さであった・・・

前日の天気予報にしても、ラジオの予報にしても大きく崩れることはないとの予報であった。

しかし、2000㍍を超える標高ではあくまでも予報は予報・・・悪天候にならないとは限らない。

この寒さではこの時期、雪になる可能性も否定出来ない・・・

往復7時間の登山の予定だけど・・・登山口にある駐車場に登山者の車が一台も無いのも
不思議と臆病になる・・・まして単独走だけに・・・

暫く、車の中で悩んでいた・・・さっきより一層風雨が強くなった・・・時間だけが過ぎていく。

「どうした!行かないのか?早く出発しないと日没まで帰って来れないぞ!」・・・
自分に問いかけ卦しかける・・・

気持ちはハナからから決まっていたような気がする・・・そこには臆病な自分がいる・・・

確かに無理は禁物であり、無鉄砲な行動は絶対に命取りになる・・・翌日の天候は朝から
雨という予報・・・野営を余儀なくされたとしてもそれだけの装備も技術もない・・・

人間、悪い方に考えると、どんどん臆病になっていく・・・それは良いか悪いか・・・

以前見たTVの山登りの番組をふと思い出した・・・

霊峰「御嶽山」の特集での一コマ・・・「邪な心を持っては登れないし、足は前には進まない」

心に蟠りが少しでもあると神の住む山は入山を拒むのであろうか・・・

完璧な人間はいないけど、過去の過ちを悔い改めない限り山の神様は受け入れてくれないかも
知れない・・・そんな気持ちが少なからずあった・・・

今回、やむなく山登りは断念したけど次回、素直な気持ちで山の神様に会いたい・・・

「山の神様は次回受け入れてくれるだろうか」・・・複雑な気持ちで武尊山を後にした・・

DSCN8067.jpg
数日前の散歩の途中の美しく穏やかな朝焼・・・素直な気持ちで何事にも接したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

それでいいんですよ。

むりはきんもつ。

われわれも2日ねばって、日光白根をあきらめました。

山ってそういうもんです。

エベレストにアタックするなら2週間は待ちます。

うまく休日に晴れれば奇跡。

1年間山に登り続けてなかなかそんな日はありません。

No title

そうですね!Spinachさん。

私は自由業だから平日でも山登りは出来ます・・・

天気の良い日を選んで山に行けるけど、やはり仕事を優先

せざるを得ない・・・

やはり、日曜日が休暇になってしまう・・・

天候はどうにもなりません。空を睨んでも仕方ありませんね!
プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR