味も値段も・・・

私用も兼ねて桐生市に出掛けた。

たまたま妻もシフト休み・・・誘ってみた。

「桐生まで用事で出掛けるけど・・・ついでにあそこに行く?」

ただそれだけで、「あそこ」が何処なのかはお互い判る・・・

30年以上も一緒に暮らすと俺が何を考えているのか判るらしい・・・(怖い×笑いぐらい)

「じゃあ!帰りにあそこにも寄るのね~?」・・・会話は成り立つ。

「あれ」とか「それ」とか抽象的な言葉も確実に意味は伝わる・・・

以前、こういう事があった・・・

お互い仕事を持っているので食料品など買い物も手伝う・・・妻に連絡しないまま
スーパーに立ち寄った。

大体、何を食べたいか、好みも解る・・・

買い物を済ませて家に帰ると、同じスーパーの買い物袋がテーブルの上にある・・・

お互い中身を確認・・・まったく同じものばかり・・・値引きの「握り寿司」まで・・・

「納豆、玉子、惣菜、・・・翌朝のパン」までまったく同じもの・・・

アカの他人も30年も一緒にいるとお互い分身のようになる・・・次にどんな言葉が
出てくるのか、も判るらしい・・・不思議なもんである。

お互い何を考え、何を思っているのか解っているだけに気まずくなると厄介な方向にも
拡がる・・・ま~ッ!30年の歳月はあまり尾を引く前に終止符になるが・・・

話しは戻って、用事を済ませて「あそこ」に車を走らせる・・・「あそこ」
とは桐生市から梅田湖を過ぎた先にある[梅田ふるさと館]である。

知人に教えてもらったのが切っ掛けで地元婦人部が打つ手打ち蕎麦やうどんが食べられて
農産物の直売所も併設してある・・・

蕎麦専門店の逸品の味ではないが、地元のおばちゃん達の打つ蕎麦やうどんは親しみを感じる

新蕎麦の時期は絶品の蕎麦が食べられるので必ず足を運ぶ・・・気さくに話しかけるおばちゃん
にも会いたくて・・・

お昼時間からはずれているにも、土曜日ということで店内は混んでいる・・・

食券制になっているこのお店・・・

「お客さん、天盛りそばと天盛うどんでいいんですよね~?」と、レジのおばちゃん!・・・

「え~ッ!どうして判るの~!」

「いつも来ると、旦那さんは蕎麦で奥さんはうどんを頼んでるでしょ!」・・・

そういえば、必ず私も妻も毎回同じ物を頼んでいる・・・覚えてくれている事は何となく嬉しい。

ほど遠い30年の歳月までいかない間でも、ほんの数回訪れるだけでも人の気持ちや心は
理解るもんなんだな~!、と関心してしまった・・・

美味しい蕎麦とうどんをご馳走になり、そして次なる「あそこ」に車を走らせた・・・

味も値段も
天盛そば・・・750円 味も値段もまずまず!

梅田
天盛うどん・・・こちらも750円


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

僕がそば打ちを教えていただいたのも、こういった婦人会の食堂のおばちゃんでした。

それはそれは気さくな方で、そば打ち修行の合間に、おしりをさわられたりしました。

今考えると、セクハラなのかも。

あれから10年。

そばの師匠にもお会いしていないが、僕も食べに行ってみます。

僕が教えていただいた師匠は、邑楽町の野菜直売センターに勤務しているはずです。

No title

Spinachさん、新蕎麦の時期にご一緒しませんか?

・・・ついでに帰り道「あそこ」にも寄りましょう~!
プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR