寒の内

一年で一番寒い季節・・・寒の内。

寒の入りから寒明け・・・ちょうど今頃が最も厳しい大寒。

数回の寒波で真白く化粧した赤城山から吹き下ろす通称「赤城おろし」・・・

利根川の冷たい川面を渡った季節風は、痛い程に頬を突き刺す様で半端じゃ無い・・・

北海道や東北に比べれば、まだまだ!っとお叱りを受けるだろうけど、仕事柄、屋外作業が
多いので防寒対策は人一倍気を使っては凌いでいる・・・

やはり強風の中での高所作業は断念せざる事もしばしば・・・自然には逆らえない・・・

極寒のこの時期だけど寒波が過ぎ去れば穏やかな日差しも当然の事で春の陽気に
なる事も稀にあるしポカポカ陽気もご褒美の如く・・・(笑)

まだまだ寒い日は続くけれど、春は必ずやってくるし三寒四温を感じる時期までそう遠くは
無い筈・・・

待ち遠しい春だけど、冬は冬で趣味やスポーツにしても楽しい事も沢山あるし・・・
勿論、美味しい酒に冬ならではの食材も最高だし・・・

寒いのは苦手だけど、どちらかと云えば嫌いでも無いかな~!!

寒の内
頂いた生蕎麦に地元特産の大和芋のとろろ・・・冬でもやっぱ、冷の地酒だよね!

スポンサーサイト

足跡

新雪の中を歩き進む・・・

脇目も触れず唯、ひたすら真っ直ぐに・・・

ふと立ち止まり振り返って足跡を見つめる・・・自分の半生がそこには標されている・・・

雪道や泥濘んだ道だけに限った事では無い・・・普段、歩いている整地された道にも
目には見えなくとも足跡は必ず残っている・・・

その足跡は故意に消し去ろうとしても消す事は不可能だし出来る事では無い・・・
その為にも、人は前向きに真っ直ぐ歩いて行かなくては・・・

時には急いで走ったり・・・必要以上の寄り道にずれたりと・・・
でも、必ずしも進むべき元の足跡の延長上に戻って目的地に進む事が大事だよね!

今更だけど還暦までの足取りは皮肉にも蛇行の連続だった様な気がする・・・

でも、此れからの足跡が如何に大事かと云う事・・・勿論、岐路との遭遇は免れないけど・・・

歩いては振り返る、そしてまた歩いては振り返る・・・気張る事無くゆっくりのんびりと・・・

歩調は緩やかだけど真っ直ぐに残された人生の足跡を残したいよね!・・・

寒波到来
先日の寒波で山小屋周辺はすっかり極寒の風景・・・

単純明快・・・一行のみ!

本日の一句・・・

「理不尽を耐えて浮世の術を知る」・・・

遥か遠くばかり見るより自分の足元を大切にしなきゃ!・・・

年賀状2017


言葉の重み

「たった一言が人を傷つけ、たった一言で人に勇気を与えられる!」

言葉一つにしても慎重に選ばなければならない・・・

よく、「売り言葉に買い言葉!」という訓があるけれど、お互いに大声で威圧し合っていたのでは
収拾は無い・・・勿論、それが一方的なら尚更の事・・・

人間は感情で生きている・・・軽率な言動で傷ついた隙間を埋めるには余程の時間が
必要だと思うし、一生、その隙間は埋まらないとも限らない・・・

今年の正月は色々と反省の年明けとなった・・・

還暦を過ぎてもまだまだ未熟な自分が情けなくなる・・・

2017・元旦
2017・元旦の初日の出・・・常に心も穏やかでいたいけど・・・
プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR