身の程

11月の積雪は54年ぶりとかで・・・

日差しがあれば晩秋でも暖かい日もある・・・朝晩の温度差は大きいのもこの時期だけど・・・

初冬の12月まであと僅かだし、今年も例年の如く、矢の様に過ぎていく・・・

今年は60歳の節目の年だったけど、仕事にもプライベートでも良きも悪きも色々とあった・・・

人生、平穏無事とは限らないけど悩みや心配事は矢継ぎ早に訪れる・・・(笑)

人間はどうしても被害者意識が表に出てしまう・・・足元を見失い自分の目線で物事を判断
してしまい、事の成り行きは省いて結果だけを自分に当て嵌めてしまう・・・

人生、良くも悪くも努力と忍耐・・・自分を可愛がり他人ばかり攻めていたんじゃ神様も
手助けはしてくれないし、見守ってもくれない・・・

何から何まで神様に縋るつもりは無いけれど、邪な気持じゃ手を合わせる事は出来ない・・・

還暦になってもまだまだ、尻(ケツ)が青いとつくづく思った・・・

一人酒
スポンサーサイト

偶にはのんびり・・・

「あら!・・・今日はお出掛けしないんですか~?」

一昨日の日曜日の早朝、お向かいの奥さんからのご挨拶・・・

「たまには家でのんびりと・・・」と、私の返事に不思議そうに奥さんは笑っていた・・・

一年を通して殆どの休日は出掛けている事が多いので無理はないけれど(笑)・・・

午前中は溜まりに溜まった仕事関係の事務・・・半日位じゃとても片付かない・・・

現場優先だから知らず知らずと書類は溜まっていく・・・勿論、これから年の瀬に事務など
出来る訳が無い・・・毎年、正月休みに真留めて片付けるのだけど・・・

居間でゴロゴロとテレビを観てはのんびりと昼寝したりと・・・若くはない身体は休息も必要・・・

と、云ってもジッとしている事が出来ない性分・・・月曜日が定休日の知り合いと高尾山に
紅葉ドライブ・・・この時期、土日祝日じゃ半端じゃ無い程の大渋滞だし・・・(笑)
月曜日もそれなりの混雑していたけど・・・都心からのアクセスも良いし手軽に秋を
満喫出来るし、超人気スポットだから仕方無いよね!

と、云う事で結局、関越、圏央道を利用して高尾山名物「とろろ蕎麦」を賞味して来てきました・・・メリーもご満悦~!

偶にはのんびり・・・ゆったりと・・・

高尾山頂


とろろ蕎麦


白濁の湯

昨日、一昨日の13、14の両日に兄弟旅行で奥塩原温泉に・・・

塩原温泉は余りにも有名だけど、さらに奥まった所に秘湯の宿がひっそりと佇んでいる。

ランプの宿では無いけれど、街灯も無ければ喧騒も無い・・・只々、渓の音だけが心地良く、
歴史を趣を感じる客間や板張りの廊下に響く・・・

この宿は以前から一度は訪れたい宿だった・・・勿論、紅葉時期に予約を合わせたので
最高の紅葉狩りの温泉旅行となった・・・

2台の乗用車に9名が相乗りして館林インターから東北道の那須塩原インターまで・・・
途中、吊橋を渡ったり、遊歩道を歩いていくつかの滝の見物したりと・・・

道の駅「塩原」の新蕎麦は期待以上に美味しかった・・・そして目的地の奥塩原温泉
「えびすや」に着いたのが夕暮れ間近・・・

ここの温泉も大好きな白濁の湯・・・先月に行った万座温泉や、奥鬼怒の加仁湯、
蔵王温泉も白濁のにごり湯・・・どうも温泉はにごり湯に拘る・・・(笑)

万座温泉や箱根の仙石原の硫黄の匂いまではいかないけれど、最高の源泉かけ流し・・・

料金がリーズナブルだったのであまり料理には期待していなかったけど、期待ハズレで(笑)
美味しい料理をご馳走になった・・・

部屋数12部屋の家族で営む秘湯の静かな温泉宿・・・心も身体もリフレッシュ出来たし
翌日の日塩道路、通称「もみじライン」の鮮やかな紅葉が、一層華やかなドライブとなった。

長く続いてきた兄弟旅行・・・毎年、幹事を引受けているけど、もう、来年が楽しみである・・・

旅行は勿論、下山祝いの地元の居酒屋での反省会が旅行以上に盛り上がる・・・(笑)

奥塩原えびすや旅館

奥塩原もみじライン

白濁の湯

豪華な夕食



パワースポット

神頼み、とか験担ぎとか、あまり興味は無いのだけど・・・

齢を重ねると、そういう場所は神聖に感じるる様になったし素直に拝礼も出来る・・・

若い頃は何事にも反発的で・・・まぁ~、それはそれで・・・(笑)

先週末の日曜日は小春日和の清々しい日差しの陽気だったので、信越道で長野方面に・・・

途中、事故渋滞と行楽渋滞で、軽井沢方面は諦め松井田妙義インターで途中下車・・・

急遽、妙義神社から下仁田インターまでの山道の紅葉ドライブに変更~・・・

妙義神社の近くにある「道の駅妙義」で昼食の蕎麦を食べて神社に参拝・・・

杉の大木の間の急な石段を登り詰めると、鮮やかな彫り物が浮かび上がる本殿に・・・

まだ、紅葉は色づき始めだけど、岩場の険しい稜線が続く岩峰群は日差しを浴びて
色鮮やかな紅葉が浮かび上がっていた。

今回は登山じゃ無いので行楽で訪れたけれど、数多くの登山客やハイカーで賑わっていた。

以前、妙義山は登ったことあるけれど、中間道の登山だったので、今度は上級コース
にトライしてみたいよね!・・・体力があればだけど(笑)

「パワースポット」・・・先月の男体山登山口の日光二荒山神社や今回の妙義神社・・・
勿論、忘れてはいけないけど、地元の国宝聖天様も神の力に満ち溢れている・・・

でも、神頼みだけじゃパワーは頂けない!・・・努力あっての事だよね!

妙義神社
妙義神社の本殿





マイカー規制

標高1000㍍前後が紅葉の見頃だというので、先週末も山小屋に・・・

土曜日は風が強かったもののまずまずの行楽日和。

赤城の南面から小沼、大沼を散策して北面を経て片品村に・・・そして翌日の日曜日は
紅葉真っ只中の尾瀬の玄関口の大清水に・・・土、日を通じて最高の紅葉狩りを満喫。

出来れば至仏山への登山を計画していたのだけれど、いろいろ納得いかない事があって(笑)

実は、マイカー規制が解除された鳩待峠の駐車場・・・尾瀬の山小屋も今期の営業も終了して
いて宿泊者も皆無の事実・・・言わば、シーズンオフ状態・・・

日帰り登山でマイカー利用は鳩待峠まで直接行ける・・・が、駐車料金は相変わらず高価な
2500円也・・・
国定公園指定の尾瀬にハイキングに訪れる人は、年間異常な位多いけれど、単独で至仏山
のみに登る人は極端に少ないのも頷ける・・・

せめて、マイカー規制の解除された以降は駐車料金の値下げを実行して貰いたい・・・
勿論、戸倉の駐車場からシャトルバスで鳩待峠まで利用する人もいるけれど、
規制解除後も一人、3000円近くかかるしね!

確かに国定公園ともなると、いろいろ環境整備やもろもろな事に経費がかかるのは
解るけれど観光協会やタクシーやバス会社が異常に潤っている、としか思っているのは
自分だけだろうか?・・・

以前、尾瀬のマイカー規制を大幅に見直す案が浮上したけれど、地元の観光関係の事業者達
から猛反対を受けて緩和は実現されなかった事があった・・・

国内には国定公園や自然遺産の観光地は至る所にあるけれど、観光客や登山者に金銭面で
配慮している自治体はいくらでもある・・・勿論、皆が納得の行く経費だと了承すれば良い事
だけど大半は疑問に思っているんじゃないのかな?・・・

同じ、尾瀬の玄関口の大清水の駐車料金は、年間を通じて一律500円・・・勿論、マイカー規制
の対象外で同じ観光協会の管理下・・・
アクセスの楽な鳩待峠からの入山が人気があるのは解るけれど・・・なんとなく矛盾を感じる。

納得のいく、いかない!は別問題として私はいつも大清水からの登山が殆どである・・・

晩秋の大清水
紅葉の見頃は過ぎたけれど・・・尾瀬、大清水の登山口付近・・・

プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR