技量

「好きこそものの上手なれ」、という言葉があるように・・・

取り組む熱意が結果に繋がる・・・

趣味に限らず仕事に関しても云えることだけどヤル気が全て仕上がりとして残る・・・

山登りにしても渓釣りにしても経験だけは長く、ただ悶々と続けてきた感は隠せない・・・

往年の釣り仲間の一人は、その域を極め雑誌やTVに出演する程にまで努力を重ねてきた。
彼は何事ものめり込むタイプで・・・それは結果としては大成した・・・

ディスクに関しては複雑で難しいよね!・・・犬との信頼関係の上に成り立っているし、
共に感情がある動物だから・・・
犬種によってもその対応は違ってくるだろうし、環境や体調も踏まえて接しなければならないし。

ディスク仲間は人一倍、犬の事やディスクの事に熱心に取り組んでいるし努力も怠ってい無い。
本当に好きな趣味を楽しく謳歌しているように活き活きとしている・・・

大会にしても努力を重ねてきた仲間達の演技には、ため息と自己の嫌悪と落胆しか残らない・・・

そうした努力は結果として表れる・・・皆、自分より遥か上の存在になってしまった・・・

今週末のBB&DTジョイントマッチ・・・勿論、恥ずかしくない演技はしたいけど・・・

もはや言い訳しか云えない・・・技量の差、としか云い様が無い・・・

京丹波・3
PhotoBy NatsumiTsuda





スポンサーサイト

綺麗ごと

農家にしてみれば苦渋の選択かも知れない・・・

仕方無いよね!・・・生活かかっているし、現実は綺麗ごとじゃすまない・・・

なにも農家に限った事では無いし、漁業にしても林業にしても・・・勿論建築業界も
価格の調整は故意になされている・・・談合、とでも云うのかな~?・・・

ハウス栽培にしても、魚養殖にしても、建設資材などあらゆる物資の出荷調整によって
価格は産者、消者の需要と供給とのバランスで維持されている・・・
賛否両論はあるけれど、自然界に逆らい壊す事だけは避けたいよね!・・・

丹精込めて育てた農作物や在庫の流通調整によって価格を意図的に吊上げたり・・・
ある程度の戦略無くして利益は生まれないけど・・・

昔はあるもので生活を凌いできた・・・時代が違う!と云えばそれまでだけど・・・

私は農村地区で育った事ももあって、ほとんどの家が自給自足で生活していた・・・

食べる量の米や野菜を作り、家畜を育てて・・・必要な物以外はお金を使うことは無かった・・・
今は、時代の波で跡形も無いけど、年配者ほど物を大事にする心は失っていない・・・

先日、ラジオで話していたけれど、コンビニのセブン-イレブンの一日の弁当の廃棄だけでも
一億8000万円だと云っていた・・・500円の弁当360000食が廃棄処分との事・・・
それでも利益をあげなくてはならないオーナーの現実は厳しいよね・・・

勿論、利益をあげることが大事な事だけど・・・必要以上の蓄えは決して将来には
役に立たない、と云う事かな・・・
廃棄処分は物資だけに限ったことでは無いし・・・もちろんお金そのものにも当てはまるかな!

「綺麗ごと」・・・複雑な言葉だよね!・・・

廃棄処分
勿体無いけど仕方ないのかな~?・・・

名も無い渓

尾瀬戸倉を過ぎると二岐になり、水上方面と尾瀬大清水方面と分かれる・・・

大清水まで車で向いその先に奥深い渓がある・・・最源流部まではかなりの遡行になる・・・

渓相は素晴らしく、いかにも岩魚の宝庫、と言った感じだけど・・・

利根川水系は支流も多く広範囲に点在している・・・殆ど私はこの利根川水系、とりわけ
支流の片品川を拠点としている・・・

我が家から近い事もあるけれど、その反面、高速からのアクセスも良い事もあって
首都圏からの釣り人も多い事も隠せない・・・

もう、渓釣りも30年以上続けている・・・殆ど単独釣が多いのは、マイペースが保てるから・・・

一般に朝晩のマヅメ期が岩魚の活性が上がると云うけれど、勿論の事だけど梅雨のこの時期、
あまり重要視しなくても充分釣果は期待できる・・・

朝の3時に自宅を出発・・・水芭蕉の最盛期、尾瀬のマイカー規制中の事もあって戸倉の
駐車場は満車状態・・・勿論、尾瀬沼に抜ける大清水の駐車場も一杯だろうと不安も
あったけど、とりあえず大清水まで・・・

国定公園内にある尾瀬では勝手に路上駐車は出来ない・・・予想は的中・・・大清水
の駐車場も規制中の張り紙が・・・

辛うじて駐車スペースを確保・・・しかし、駐車場の車の全てがハイカーとは限らない・・・
釣り目的の車も相当ある筈・・・

確かに渓に降りると釣り人の多さに期待も半減・・・入渓している先釣者を追越す訳には
いかない・・・仕方なく、暫らくは距離をおいて後を追うことに・・・

土日休日の昨今、土曜日に釣り人は集中するのは仕方ない・・・暫らく釣り登って行くと
左から流れ落ちている小さな名も無い沢を発見・・・意を決して釣り登ることに・・・

誰もが見落としそうな魅力の無い沢・・・しかし、岩魚は期待以上に毛鉤に食いついてきた・・・

釣りに限らず何事も見た目だけの判断は出来ないね~(笑)・・・

でも、ここは熊の聖域・・・早々に引き返した・・・

名も無き沢
今回は岩魚の干物にしてみる事に・・・







初遠征

ディスクドッグに限ってだけど・・・

遠征も初めてだし、車中泊も初めて・・・

先週末、京丹波町で行なわれたディスクドックのクオリファイゲームに参戦・・・

往復、1,200㌔という長旅の大会・・・まぁ~ほとんど高速道路利用だけど・・・

金曜日の夕方、ディスク仲間と関越道、上里SAで待ち合わせ・・・信越道、中央道、名神道
をひたすら走り続け、京都縦貫道から京丹波町に・・・

車の運転は嫌いじゃないけれど些か疲れるね~!・・・勿論、同乗のメリーもロングドライブ
も初めてだし・・・

夜中の2時近くにフィールドに到着・・・そのままリクライニング状態で朝まで仮眠・・・

4時を過ぎてくるとだんだん明るくなり、新緑のフィールド全体が現れてきた・・・噂通り
綺麗に整備された素晴らしいフィールドだった・・・

日が登ってくると、参戦仲間たちが次々と集まってくる・・・

D1、フリースタイルにエントリーチームは総、34チーム・・・皆、強者揃い・・・

結果としては満足のいくプレーは出来なかったものの、仲間たちとの共有の時間も得られたし
ウエディングサプライズに参加出来たし、楽しい2日間だった・・・

HDLの皆さんのおもてなしや、ウエルカムパーテイー・・・挙句には、HDL賞まで頂いて・・・

同、参加仲間のSコーチのクオリファイ決定の第3位獲得にも共有出来たし・・・おめでとう!!

大会後は京都見物を予定していたのだけど、急用が出来てしまってトンボ帰りに
なってしまったけれど、今度はゆっくり観光もしたいよね・・・

いささか、メリーも疲れたかな?・・・もうすぐメリーは8才になる・・・

京丹波・1


京丹波・2
PhotoBy NatsumiTsuda
プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR