不器用なりに

今年も残すところあと二日・・・

この歳になると、あまり変化は無い・・・ま~!いつもの歳の瀬・・・

若い頃は正月休みはフルに遊びまわっていたけど・・・

仕事の雑務も明日(大晦日)の午前中までかな?・・・

あっという間に正月になってしまって・・・気合を入れての大掃除などここ数年したこと無いな~!

ま~ッ!普段通りでイイんじゃないかな・・・

たぶん、明日の大晦日も普段通りの夕食を食べて普段通りに就寝するだろうし、
元旦の朝も普段通りの散歩の後に朝食をとる・・・

器用じゃないから、不器用なりに・・・趣味も仕事も・・・

それでいいんだよね!

IMGP0008.jpg


スポンサーサイト

Merry Christmas

先日の仕事関係の組合の忘年会での事・・・

当然、クリスマスの話題も・・・

年配者の多い役員達は孫へのクリスマスプレゼントに四苦八苦しているらしい・・・

一人の孫に双方の祖父母からの見栄(?)の籠もった高価なプレゼント(笑)・・・

それが、内孫、外孫を問わず・・・人数が多ければ多いほど桁外れの金額に~!

その、イベント(笑)は一週間後のお年玉へと続く~~!

お年玉は現金だけど、クリスマスプレゼントはそうはいかない・・・

我が子なら、日頃からの会話で品物選びは簡単だろうが、今、流行っているおもちゃや
遊び道具など知る由もない・・・

かと言って、おもちゃ屋まで連れてって選ばせる訳にもいかず、結局、倅や娘に現金を渡して
欲しいものを買ってもらう・・・

ま~!それでも孫可愛さに鼻の下は目一杯伸びてしまうんだけど・・・

次から次えと買え与えてしまう・・・反面、おもちゃだらけになってしまう事に・・・
新しいおもちゃを見れば古いおもちゃには見向きもしなくなる・・・

「それでいいんじゃないの~!」仲間が言った・・・

子育ての責任がないから・・・お金うんぬんより孫可愛さ!・・・いや孫に気に入ってもらう為の
投資・・・

なんか、悪循環?・・・辻褄がズレているけどのようだけど・・・

それが世間並みの「クリスマス!」・・・


初心

「初心忘るべからず」・・・

何事においてもこの格言は当てはまる・・・

簡単なようで奥が深い・・・

初めて物事に接する時は人間、謙虚になる・・・素直な気持ちを物事の方で受け入れてくれる。

ぎこちないが、精一杯努力を重ねて物事に取り込む・・・

完成品は不完全かも知れないが、誠意のこもった印は見る人が見れば判る・・・

40年近くこの仕事に携わってはいるが、間違うことは殆ど無い・・・けど若い人の気力には脱帽
する事が多く感じるようにもなった・・・

まだ、若い人に教える立場の自分であるけれど、物事に対する姿勢が薄れて来ていると感じる
時は稀にある。

それは若い人は瞬に感じるだろう・・・

いつまでも平行線の距離は保てない・・・何時しか、その線は交差していく・・・
もちろん、それで良いのだけれど・・・

それではいけないと自分を戒める・・・

老いる事は否定出来ない。でも初心に戻る事は出来る・・・

「初心忘るべからず」・・・もちろん、人間関係にもあてはまる・・・

師走

 もう、今年も残すところ半月あまり・・・

例年に無く、歳の瀬の仕事は落ち着いた、というか、消化しきれない仕事は来年に
繰越し・・・せざるを得ない程、の状況である・・・

歳の瀬と年度末は、普段の月替りと訳が違う・・・
ある程度の区切り、もしくは完工が前提となるので必然的に現場を飛び回る・・・

着工途中の現場はある程度の形にしなければならないし、リフォームに関しては在住が基本
なので工事は中途半端で年越しする訳にはいかない・・・

見切りをつけて、来年廻しの現場が例年に比べて多くなってしまった・・・

一年を振り返ってみると、建設関係は需要が多い割には人手不足が深刻な年だった・・・
良い年といえばいい年だったかもしれないけど、そのシワ寄せが解消されないままも事実。

以前、師走の12月は殆ど休みは無かった・・・3Kという言葉は建設業界の職人から生まれた。

基準法や管理法や組合等によって労働時間や賃金は確率されたが、まだまだ一般の会社員
というまでにはいかない・・・

自由業という立場だけど人と人との信頼関係の上に成り立っているし建設業は特にと思う・・・

仕事を頂けるのも、工期をずらして待って頂けるのも信用して貰えるからこそである・・・

何時の時代も感謝の気持ちを忘れてはいけませんね!

初冬
もう山小屋もこんな感じだろうか?・・・写真は去年の今頃・・・

桃・栗、三年・・・

里山に住む仕事仲間の友人から、毎年この時期柚子が届く・・・

春は山菜やたけのこ、秋は栗など、そしてこの時期は大好きな柚子を季節の便りと・・・

とりわけ、柚子は独特の香り・・・

柚子酒にしたり、白菜漬けの香りだしに入れたり・・・もちろん、柚子湯はこれからの寒い時期
には身体の芯まで温まるので欠かせない・・・

正月の雑煮に刻んだ柚子を入れるだけで、品のある香りがなんとも心温まる・・・

もう、今年も一ヶ月足らず・・・毎年のように一年が短く感じる・・・

歳の瀬のこの時期重大ニュースだの、流行語だのと話題になるけれど、
自分自身も今年一年やそれ以前を思い出したりする・・・

人生は楽しい事ばかりじゃないし、辛いことや悲しい事もたくさんある・・・
むしろ、辛く悲しいことのほうが記憶に残ってるし、乗り越えてきた今の自分がここにいる・・・

よく、「苦節何年!」とか言うけど、ホント、日々の積み重ねだよね!

人間、生きていくということは並み大抵ではないし、夢中で一生懸命生きている時は
意外と気づかないのかも知れない・・・

齢を重ねて、ふと振り返った時に自分の歩んできた道のりが彼方まで見えていれば・・・
それはそれで良いのかも知れない・・・

まだまだ、振り返っているだけの齢では無い筈・・・少しずつでも前に進まないとね!

「桃・栗三年、柿八年、柚子のバカ芽は十八年」・・・結果だけを焦ってはいけませんよね!

柚子
プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR