おもてなし

今年も大晦日の今日を残して最後になった。

一昨日の29日の仕事納めの日の夕刻に今年最後の忘年会があった・・・

毎年29日にする忘年会・・・気の合った仕事仲間だけの8、9人の小ぢんまりしたこの飲み会。

我家から歩いて行ける距離にある同級生が営んでる寿司屋・・・

忘年会続きの最後とあって色気はまったく無い・・・いささか胃腸も疲れているが食気と呑気だけ。

旨い刺身と寿司をつまみながら和気あいあいに時間が過ぎる・・・良かった事もも悪かった事も、
旨い酒で全て流して今年を忘れる・・・

もう何年も続いているこの忘年会・・・決まって2次会は我家で呑み直しとなる。

ほろ酔い気分で夜道を歩いて皆、我家まで・・・もう10年以上続いている。

仕事納めで正月休みに入る為、皆ホッとした顔でゆっくり、のんびりと2次会が始まる・・・

と云っても豪盛な肴が並ぶ訳では無い・・・乾き物のツマミに沢庵や白菜の漬け物など・・・

でも皆、最後に当てにしているモノがある・・・締めのラーメンである・・・

生ラーメンだけど妻の喜多方出身の友達が毎年送ってきてくれる・・・

「漬け物んと母ちゃんのラーメンを食わないと一年が終わんね~よな~!」・・・皆、口を揃える・・・

「お世辞でもうれしいよ~」!と女房が笑ってお返しする・・・

今年は竜巻被害や妻の入院、手術とあまり良い年では無かった・・・

我家での二次会に関しては最後まで席を設けるか否か悩んでいたが快く引き受けてくれた妻に感謝したい。

豪華なもてなしではないけれど、気心知れた仲間達は十分理解ってくれている。

皆を見送りながら空を見上げた・・・星が綺麗に輝いていた・・・

スポンサーサイト

メリー苦しみマス2013

メリーが我家にやって来て5年目のクリスマス・・・

子供達は巣立ってしまって夫婦二人っきりの生活にメリーが加わり何かと癒され鎹にもなっている。

メリーとディスクを始めて丸3年が経ち4年目に入った・・・この間、何度も関係を崩してしまい
女房や犬仲間の助けを得てどうにか続けて来られた・・・

メリーも5歳が過ぎて落ち着きも出てきたが、どうしてもサルーキの性格は拭えない・・・
無理して直そう、直そうとしてみたけれど逆に悪い方向に進んでしまう・・・

犬(犬種)の本能を上手く引き出して此れからのメリーとの関係に繋がればいいと思う。

仕事柄、不定休な事もありメリーと接する時間も疎かになり何かと上目遣いで見つめるメリー
に迷惑もかけてきた・・・

出来る限り公園で練習をして、大会にも出来る限りエントリーしたかったけど思うようには
行かなかった・・・

来年こそ、来年こそ!と思いながら3年が過ぎてしまった・・・

5歳になっていい女になったメリー・・・こんないい女は他に無い!

まるっきり親バカかも知れないがプレイヤーの私が上達しない限りメリーの明日はない。

・・・「メリー苦しみマス」・・・洒落だけにしたい!・・・

IMGP0008.jpg
メリークリスマス!来年もよろしく!

冷酒と親の意見は後で効く・・・

とにかく怖い存在だった・・・

口数が少ない分、そう感じた・・・幼少時代の父親の存在はそう映った・・・

無駄口を扣かず仕事一筋で近寄りがたく常に仕事をしている親父しか記憶に無かった・・・

そんな親父の仕事を継いでいる自分が今いる・・・

時代の違いはあるが親父を越えようと努力をしてきた・・・

愚痴も涙も微塵も見せなかった親父の存在を今、改めて思い出している。

まだまだ自分は甘いとつくづく感じる・・・親父の背中の大きさと自分の背中を比べてしまう・・・

そんな親父は毎晩の様に晩酌をしては呑む酒の量も半端じゃ無かった・・・

時には酔っ払って上がり端で寝込んでいる父親も何度も見てきた・・・が、朝早くには作業場で
仕事の段取りをしていた・・・

「段取り八分」と云って段取りが上手く行けば仕事は終わったようなものだ!」
「余計な口を扣くんだったら手を動かせ!・・・口癖だった。
親父は83歳で生涯を終えた・・・その3年後に母親は亡くなった・・・

口には出さなかったが、親父は母親を仕事以外全てを任せていたし頼ってもいた。

齢を重ね、だんだん背中が小さく見えてきた両親は穏やかな顔で孫の成長を見守ってもきた・・・

現役を離れた両親のもう一つの顔は仕事一筋の頑固者からは想像つかない程の優しい顔になっていた。

よく責任が無いから孫は可愛い!と云うが、両親は面と向かって叱ったり、時には小突いたりもした・・・

何事も責任を持って物事に接してきた両親の、一言一言が思い出せる

仕事関係の友人からお歳暮として日本酒を頂いた・・・口当たりと香りの良い酒は冷に限る・・・

ついつい飲み過ぎてしまう・・・

「冷酒と親の意見は後で効く」・・・おふくろの口癖でもあった。

押し詰った歳の瀬・・・親父の命日は今週末である・・・


防寒(肝)対策

本格的な冬がやって来た。

巷では雪の便りが届く・・・もう師走も半ば、寒い訳だ!

朝、起きるのも辛くなるのも無理はない・・・毎朝のメリーの散歩も夜明けが遅くなるに連れて
10分、20分、30分と出掛けるのが遅くなる。

帰ってくると身体はポカポカと、温かいがやはり出掛けるまでが億劫にもなる・・・

夏の散歩と違って、着ていく服も半端じゃない・・・

下着の上にももしき(パッチとも言うが)、その上にズボンを穿いてその上にまた防寒用の
ズボン・・・上に関して半袖の下着の上に長袖の下着、長袖のシャツを着てその上にトレーナー、
その上にヤッケを着て最後に防寒服・・・
勿論、手袋にニット帽・・・タオルを首に巻いて、風のある日はマスクで顔を隠す・・・

出掛ける前の用意だけでも重装備・・・でもメリーの気持ちはリードを通じて伝わってくる。

昨今、忘年会続きで些か胃腸に無理な負担が・・・こんな時、油断すると必ず風邪をひく。

今週末は連チャンの忘年会・・・悲鳴をあげてる胃腸は正念場の域・・・呑まなきゃ事は
済むのだがそれが出来れば苦労は無い・・・無理して呑むことに意義がある(?)・・・

気が張っている歳の瀬に寝込んでしまったら話にならない・・・外仕事の毎日、年内の仕事だけは
きまりをつけたい・・・防寒対策は勿論の事、防肝対策も重要なこの歳の瀬である・・・

冥利

「有難うございました!・・・おかげさまで綺麗になりました。」

仕事に携わっていて、これ以上の感謝の気持ちを受け取る冥利はない・・・

趣味の犬を通じての知り合いになったIさん宅のリフォーム工事。

築20年になる外壁の塗装工事として仕事の依頼の相談を受けた・・・

現調すると、思った以上に外壁材の痛みが激しく・・・無理な塗装を施してもそれなりの
仕上がりしか期待できない・・・

新築と違いリフォーム工事とは如何に仕上がりの配慮が必要になってくる・・・

勿論、第一に「予算」を無視する事は出来ないし予算以内で完工しなければならない・・・

私は現場主義の人間なので、営業は苦手で工事としてのお客様へのアドバイスは得意ではない。

リフォーム工事と云っても数万円で出来る工事もあれば屋根や外壁を新しくする工事となると
それなりの金額がかかる。
勿論、新築同様の仕上がりになるが・・・これも予算が絡んでくるのである。

全壁塗装に比べると予算は多くかかる張替え(カバー工法)・・・あえて提案してみた・・・

提案して本当に良かった・・・Iさん夫妻、快く承諾してくれた・・・そこには責任は重く
のしかかる・・・当然の事である。

今まで色々な現場を見てきたし工事もしてきた・・・

それなりのお金を継矢しても納得には程遠い仕上がりもあれば築5,6年の新築同様の家の
外壁を張り替えした現場など様々・・・

自分でもまずまず納得出来たこの工事・・・Iさんに喜んで貰えたことが一番嬉しい!

「仕事冥利」というが、実感出来たこの歳の瀬でもあった・・・仕事以外能のない男の
歳の瀬をもう少し頑張る!・・・

DSCN8325.jpg
・・・ありがとうございました・・・ただただその一言。

五体満足

毎日、普段通り目が醒めて朝の散歩をメリーとする・・・

そして朝食を慌ただしく摂っては慌ただしく仕事に向かう・・・

週末は趣味を楽しみ・・・また新たな週の始めは慌ただしさの繰り返し・・・

そう!変わらぬ繰り返しで人生ほぼ平穏に過ごしてきた・・・

それが当たり前で世間並の生活・・・子供達は成人して皆自分達の生活を子ども達なりに・・・

贅沢とは云えないがそれなりの満足の生活だろう・・・

たまに纏まった買い物をして偶に美味しい物を外食する・・・そして財布を締め直して

また普段着の生活パターンに・・・

今週から新たな現場に入った・・・障害者の生活を支援する公共施設の建設現場・・・

社会復帰の為にリハビリを兼ねたこの施設、成人男女から初老までさまざま・・・

健常の者から見れば歯痒くてイライラする程、ゆっくりのんびりとした作業・・・

以前、仕事仲間と酒を呑みながらの会話を思い出した・・・

「仕事が出来なくなったら死んだほうがマシだよな~!」

その頃は若く半端なく仕事を熟した・・・ただ早いだけではなく正確できちっとした仕上がり
を競うほど・・・負けん気がそこにあった・・・

勿論、そこそこの技術は身につき仕事で生活出来るだけ世間にも認められた・・・

「一生懸命頑張っているけど殆どの寮生は第一線にも疎か雇用の先も無いのが現状なんです」

利益を目的にしている以上労使関係は簡単ではないが、20代そこそこの若者達が瞬きもせず旋盤を
見つめては、ゆっくり正確に仕事を熟している・・・その横顔は粋そもものに見えた・・・

人間、当たり前に生きてくると、全て当たり前に四方を見てしまう・・・当たり前では無い世界は
身近に存在してるし、そこで一生懸命生きている人は数多く存在している事に・・・

好きな時に好きな事がほぼ出来る自分・・・釣も山登りも自由に何もかも・・・

「五体満足」・・・感謝とそれなりの責任は勿論、持ち続けなければならないと思った





プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR