手綱

今、ここに急を要さない自由に使える10万円の現金がある、としよう・・・

ある人は貯金する・・・貯蓄だけしか考えない。

またある人は、いずれ欲しい物を買うために貯金しておく。

またある人は買い物をしないと損かのように衝動買いを重ねていく・・・

この3人はいずれも間違っていない思う。人間、十人十色で価値観の違いだけである・・・

むろん、派手に浪費する人を後押しする理由ではないが何もかもの欲求を抑えてまでもの
貯蓄だけの人生も寂しいものがある。

と、いうと二番目のいずれ欲しい物を買うために貯金しておく、が正解のように思えるが
これも私はそうは思わない・・・
全て価値観の問題で、各本人の自覚そのものが全て正解と思う・・・

漠然とした意欲のない貯蓄は、知らず知らずにストレスを増大させてしまう。
通帳の◯が一つ増える毎に満足する人が幸せな人生とは思わない・・・

勿論、貯蓄は絶対に必要な訳だが・・・自由に使えるお金はある程度自由に使いたい・・・
勿体無かったな~!と思える消費も事が落ち着いた時に思うとある程度のストレス解消になる。

以前、知人に聞いた話だが奥さんを亡くした老人の孤独死の話を思い出した・・・

その夫婦は立派な家に住み財産家で有名だったらしい・・・
が、近所付き合いもせず自治会の行事も全て参加しなかったらしい・・・

全ての権限は家長の旦那さんにあり奥さんは口出しさえ出来なかったらしい・・・

その夫婦にも3人の男女の子供がいたらしいが奥さんが亡くなる十年以上も前から
独立した子供達が訪ねて来た様子は無かったという・・・

そして残された財産の分与でも子供達の争い・・・哀れの一言である・・・

私はお金に関しては無関心で全部女房に任せている。
いくら貯金があっていくら借金があるのかも知らない・・・

以前に比べては浪費癖は無くなったが欲しいものは迷わず買ってしまう性格である
お金の管理をしている女房には迷惑をかけっぱなしで大変だったと思う

子育てに掛かったお金は半端ではなかったと思う・・・そしてその子育てが終わって
多少の自由になるお金が・・・老後も心配だけど一度きりの人生・・・守りだけではつまらない!

「なんだかんだ、生活出来て来たじゃ~ん!」と、晩酌の席で女房に言ったら・・・

無言で立ち上がり台所で洗い物を始めた・・・

「判ってますよ!感謝してます!手綱をしっかり締めていたからね~!」
と、あえて口には出さなかったけど・・・


スポンサーサイト

春眠暁を覚えず

齢を重ねてくるとなかなか前日の疲れが抜けない・・・

5寸勾配の屋根の上の工事がしばらく続いている事もあるが若いころは
一晩寝れば回復していたのだけど・・・

毎晩、晩酌で酒を呑むこともあって早い日は午後8時ごろ寝てしまう事もある
どんなに遅くても9時過ぎには就寝してしまう。
身体を使う仕事だけに、身体を休ませることが第一であるから・・・

早寝早起きが若い頃からの習慣で翌日が休日であろうと殆ど変わらない。

私は目覚まし時計を使わない・・・朝5時に起きるが10分程度の誤差はあるけど
昔の時計より精度がある(笑)・・・

が、このところその精度が狂い始めた・・・4時前に目が覚めたり5時半過ぎまで
寝過ごしたりと・・・

寝付きは酒の力で眠くなるので良い方だけど目覚めは体調の変化は隠せないのだろうか・・・

先日、プロスキーヤーの三浦雄一郎さんが80歳にしてエベレスト登頂のニュース
が飛び込んできたけど圧巻である・・・
彼は70歳、75歳でもアタック・・・そして今回も偉業を・・・
スポンサーやサポートの協力も完璧だろうけど、彼の精神力には今後も挑戦し続ける
事と思った・・・

「もう60近く!・・・いやいや!まだまだ60前」・・・・まだ3年はあるけど80歳の
三浦さんから比べればまだまだ若蔵・・・仕事も趣味にも力は注げる・・・

時期的にはもう春の長閑な陽気ではないけど、朝の眠気も歳相応の体調に逆らわず
マイペースで頑張るしかない・・・

齢はごまかせない!・・・来年は58歳になり、再来年は59歳になるのだから・・・

今の若い人とは少し違った「春眠暁を覚えず」だろう・・・

155.jpg
「あ~、よく寝た~ッ!」 私と違ってメリーは目覚めはいい!

JOTT-Spring 2013

5月19日(日)は群馬、沼田サラダパークでJOTTの大会があった。

振り返って見るに今年初めての公式エントリーであった・・・

昨年秋の犬種別以来だから半年ぶりの公式大会だった・・・

名犬牧場のディスクショーは毎月出させて頂いているし、週に2,3回は近くの公園
で練習はしている・・・
が、大会というと、また別の緊張感がある・・・

名犬に出る前は「たかがショーだから」と安易に思っていて仲間のプレイヤーに
何度も迷惑をかけてしまった・・・

あの観客の前でのプレーは想像以上で技術不足とプレッシャーは大会以上にも思う・・・

大会は個人の成績なので責任は自分で負えばいいが、ショーは観客が喜んでくれない限り
事は始まらない、仲間のプレーを台無しにしてしまう事だけは避けなければならない・・・

先日のゴールデンウイークの名犬ショーは天候にも恵まれ大入りの観客であった。
「今日はすごい人ですね~!燃えますね~!」と、仲間は意気揚々・・・
若い頃から蚤の心臓の私・・・その言葉にプレッシャーも最高潮・・・

久々の公式の大会に期待と不安は高まっていった・・・

毎回、1Rのフリーでは夢中で気が付けば終わっている感じ・・・

苦手としている2Rのトスフェチは6投キャッチ・・・「すごいぞ!」と思ったのも束の間
1,2投はフット何とかで敢無く撃沈(涙)

人生もそうだけどディスクも、そう簡単に思い道理にはいかない・・・

でも、毎回得るものはある・・・それを積み重ねてこつこつと右肩に上がれば良いと思った

今回ダイジェストでJOTTのプレーをUPしてみました。
了承得ないままのUPですがプレイヤーの皆さんに感謝いたします・・・
ピッカーさん!私と演技が前後だったので撮影出来無くてゴメンなさい・・・

ベストシーズン

昨日は熊谷市で31,6度の夏日を観測した・・・

5月半ばに入り清々しい過ごしやすい日が続いていただけに、暑さに慣れない
この時期には身体に堪える・・・

アウトドアーレジャーも最高の季節・・・アウトドアーと云うと夏休みを想像するけど
ベストシーズンは5月前後と10月前後だと私は思う。

標高750㍍の山小屋において云うと、真夏は木立の影では過ごしやすいが、やはり直射日光
の下では30度以上で蒸し暑く感じる・・・
そして、暑さより厄介なのが蚊やアブや毛虫などの害虫である・・・
いろいろ対処してるが、仕方ないのである・・・

これから続々と山開きの情報が入ってくる・・・
私の大好きな水芭蕉の尾瀬の山開きも時期であろう・・・

そして、5月の連休前後には毎年必ず行っていた渓流釣りだが、今年に限って仕事の
関係で行けそうに無い・・・
雪代が終わり渓の水が安定してきて水が温るみ、川虫が動き出すこの時期こそ
秋の産卵前の荒食いと同様、イワナが活性するベストシーズンなのである・・・

「あ~ッ! 釣りに行きて~ッ!」と、女房に言ったら、
「太田のスーパーにパック詰めで売ってたよ~!」・・・だってさ~!・・・
・・・そういう感覚じゃ無いんだけれど・・・

山歩きにしろ渓釣りにしろ、アウトドアーなど色々な趣味に講じる最高の季節だが
仕事に関してもベストシーズンかも知れない・・・

これから、鬱陶しい梅雨に入り明けると猛暑続きの暑い夏が来る・・・

出来る限りではあるがベストシーズンを少しでも謳歌したいものである・・・

DSCN5173.jpg
今年も尾瀬の代名詞・・・水芭蕉の季節がもうすぐやって来る

職人気質

現在、市内にあるお寺の庫裏の新築工事の仕事に取り組んでいる・・・

最近の木造建築物には珍しくプレカット工法は使わず、軸組を丸太で組む工法で、工務店
の棟梁たちが墨付け、刻みも手作業で行なっている・・・

丸太特有の捻れと曲がりはコンピューター(パソコン)では見出だせないらしく、在来の
木造軸組工法となったらしい・・・

私の請け負った屋根工事は銅板による一文字葺きという工法で、よく神社やお寺の屋根に
使う工法である・・・これから一ヶ月近く屋根の上の工事が続く・・・

何しろ、木造工事は化粧野地と云って屋根下地が出来るまで一ヶ月以上かかったらしい・・・
仕上がりは発注元の住職も頷く程で、棟梁たちは「どうだ!」と言わんばかりの自慢顔
である・・・

無垢板の木目や木肌の柔らかさは落ち着く優しさがある・・・

今の時代、安く!早く!の建築業界・・・勝ち残って行くには仕方の無い事ではあるが
職人の腕と技術を発揮できる気質の現場が偶にはあってもいいと思う・・・

どんな仕事に従事していてもプロとしてのプライドを持ち自分の仕事に誇りを持つ!

住職の孫で幼稚園児の子供は幼稚園から帰ってくると、必ず現場に遊びに来る・・・
小さなカナヅチとおもちゃのノコギリで材木の端材を切ったり叩いたりして遊んでいる
「僕は大きくなったら大工さんになる!・・・もっと大きい家をつくるんだ~!」
「お前は坊主になるんだよ!決まっているだろ!・・・」住職はたしなめる・・・
「だって大工さんはカッコイイも~ん!」・・・

多分、この幼稚園児の孫も成人すれば立派な坊さんになると思う・・・誇りを持った
自分の仕事が人に羨まれる程、冥利に尽きるものはない。・・・

どんな仕事をしていても皆、その道のプロでありその道の職人である・・・

充分!満足・・・

なにしろ4、5の2日間の休みを有効に使いたかった・・・

我家から山小屋まで赤城山を拔ければ2時間足らずで行ける・・・

さすがに正月休みは雪で高速や一般道で行くしかないが、それ以外は盆休みや
ゴールデンウイークでも山抜けなら行きも帰りも渋滞がない。

3日は女房も仕事ということで、最初は4日の早朝に出掛ける予定だった・・・
尾瀬の玄関口の大清水まで行き、水芭蕉を見るのが毎年の恒例・・・そして、
片品、花咲地区にある樹齢300年の山桜を見て、その近くの岩の割れ目から流れ出る
名水を汲んで来て焼酎の水割りやコーヒーや米を砥ぐ・・・些細な事だがもう何年も続いている・・・

山小屋でゆっくりしたかった・・・急遽、仕事が終わって慌てて荷造り・・・
暗くなったけれど3日に出掛けた・・・

赤城の山を拔け終わる所に「シャクナゲの湯」という日帰り温泉があり夜9時まで
営業しているのでいつも山越えの時はそこに立ち寄る・・・

山小屋に着くと夜8時は過ぎていた・・・隣接するキャンプ場は大型連休中なので
一杯である・・・今年は天候に恵まれたこともあって色とりどりのテントや
キャンピングカーが所狭しと並んでいた・・・

出来合いの食事に軽くアルコールを呑んで早寝した・・・4日の早朝は5時に起床・・・
メリーとヒンヤリとした空気の中の散歩を一時間位楽しんで、ゆっくりと朝食・・・
こんなにゆっくり食事することは滅多に無い・・・

今の時期山菜が豊富に取れる・・・もちろん、4日の夕食は山菜の天ぷらで焼酎の名水割。
ゆっくり、のんびり初日の休暇を楽しんだ・・・

そして、休日二日目の5日の日は名犬牧場のディスクドックシヨー・・・
早めの朝食を慌ただしく取り山小屋を出発・・・やはり赤城の大沼を拔けて名犬牧場に・・・

早めに着いたものの、もう駐車場は一杯の状態・・・穏やかな天気のもと、スタッフや
仲間達に助けられて無事にシヨーも・・・

短かった二日間の休日・・・疲れは残ったものの名犬復活のハルに休日明けのやる気
を貰ったような・・・そんな「充分満足!」の今年のゴールデンウイークだった・・・

今回の動画はSpinachさんのご故意によりUPしました

プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR