原点

私の子供達は3人共男で幼稚園の年長位からスポーツ少年団で剣道を習っていた。

歩いても近い所にその代表は住んでいてその人の勧めもあっての事だった・・・

その代表は大会や勝ち負けより精神面の育成に力を入れていて、尽く父兄に慕われていた・・・
試合に勝つことより武道に対する精神が大事と言う事を常に語っていた・・・

そんな折、町内に他の剣道教室が出来、その団体は試合に勝つことだけに重点をおいていて
毎週のように練習試合や県外の大会まで予定を入れていく・・・
確かにそこそこの成績は残していた。・・・代表の彼は先生の教え子であったのである・・・

だんだんその新しい団体は父兄から見ても華やかに見え子供達もその団体に傾いていくのが
解かった・・・

しかし、我がスポ少の代表は方針を変えなかった・・・
そして来る時がきた。団体は二分化され大半が華やかなその団体に流れて行ったのだ・・・

確かに剣道の練習は、週2回程で、小学校の体育館で夜6時頃からやっていた・・・
父兄も正座でその練習を無言で見学していた・・・
大会といえば、春と秋に町内で行われる位で物足りなさも確かにあったかも知れない。

次第に代表の先生の立場は追われていき、何時しかスポ少の存在すら無くなってしまった。

私の次男が熊谷市の武道館で行われた県北の小学生から社会人まで出場する大会で
高校男子個人の部で優勝した時、観客席の中に先生の姿があった・・・
優勝が決まった瞬間、先生と私の目が合った・・・先生と私は軽く会釈を交わした・・・

以前はその代表も、心臓にペースメーカ-を入れていた奥さんに歩調を合わせてゆっくり
散歩している姿を見たけど、連れ合いを亡くした今は散歩しなくなり顔を見ることも
稀になってしまった・・・

元気で散歩している時はメリーを可愛がってくれてよく話しかけてくれた・・・
一度、家にお邪魔してお茶をご馳走になった時、居間の長押には生前の奥さんの写真と
その横にはスポ少で剣道を教えていた当時の子供達に囲まれて写真のほぼ中央で微笑んでいる
先生がいた・・・
「あの頃はたのしかったね~!」・・・先生は何度も繰り返した・・・
そしてふすまを開けた奥の座敷の床の間に防具と竹刀が慎ましく置かれていた・・・

今朝、久しぶりに先生にお会いできた・・・今日は亡くなった奥さんの命日だそうで
これからお墓参りに行くとの事・・・幾分元気そうに見えた。

勿論勝負の世界であるから勝つ事は大事だけど、人間目先の事ばかり考えてしまう・・
「礼に始まり礼に終わる」・・・その武道の精神は忘れてはならない・・・
一般社会においても基本でありすべてに相通じるところである。

本来の姿である子供の頃の純粋で無垢な心を原点としてこれからも生きて行きたいと思った・・・







スポンサーサイト

案ずるより飲むが易し

昨日、一大イベントの結婚披露宴は無事に終わった・・・

「案ずるより生むが易し」と云うより「案ずるより飲むが易し」であった。

今では珍しい神前結婚式で三三九度の奥床しさの中慎ましく式は行われた・・・

固めの盃(かためのさかずき)で両家がひとつになり繋がりを持つことになる・・・

縁とは不思議なものである・・・他人同士が結婚して籍が一つになると互いの親戚は
自ずと他人ではなくなる・・・瞬間的に親戚になってしまう・・・よく考えると不思議である。

新郎新婦が席について主賓の挨拶に始まり乾杯の挨拶・・・静粛していた会場が一気に
賑やかになり、料理と酒類が次々と運ばれてくる・・・

互いの両親や親戚の人達は酒やビールを片手に相手方のテーブルに挨拶に廻る・・・
そこではもう親戚同士の会話になっている・・・ほんの数十分前には他人同士だったけど・・・

次から次へと私の所に酒を注ぎに来る・・・嫌いじゃないので好意は受けていたけど
餞の挨拶まで身がもたないと思い、私もビール片手に席を離れた・・・が、先方のテーブル
でも返しの盃を受けるはめに・・・

いよいよ私の挨拶の番が来た・・・程よく飲んだ酒が功を奏したのか自分なりに満足のいく
挨拶が出来た。
蚤の心臓の私としては人前の挨拶など苦手で都度都度断ってきただけに、責任をおえた自分に
ホッとしていた・・・

・・・すると、新郎の父親から司会者を通して私に餞の歌のリクエストが!・・・
挨拶を無事終えて自分の席に戻りやっと酒の味を楽しもうかと思った矢先であった・・・

しかし、それも動じることなく快く「村田英雄の夫婦春秋」をフルコーラスで披露した。

よく、「酒の力を借りる」と云うがあまりいい例えには使われない・・・気の小さい人や
気の弱い人が普段言えないことや出来ないことを酒の力に頼ることらしいが・・・

良くも悪くも人間、小さい生き物・・・酒の力を借りても、事が素直に収まればそれはそれで
良いのではないかと思った・・・

「案ずるより飲むが易し」。何事もほどほどに・・・もう少し飲みたいところで止めとく酒は
人にも世間にも優しいのかも知れない・・・


餞の言葉

明日の23日(土)は結婚式に出席する予定である。

同じ町内に住む従兄妹の長男が結婚するという事で、前々から招待状には出席の返事は出していた。

新郎は川越市内に勤めている事や新婦が川越に住んでいる事もあって式場も川越市で行われる。

その式が二日後に行われる昨晩、本人から電話があった。・・・嫌な予感がした・・・まさか
前々日に破断になった訳でもないだろうし・・・でも、あらためて本人たち二人でみえるとの事。

暫くして家のチャイムが鳴った・・・二人を招き入れて話を聞いた・・・

親族の挨拶を頼んでいた◯◯さんに急用が出来て結婚式が欠席になってしまい、急で申し訳ないけど
その挨拶を私にお願いしたいとの事・・・

急にも急な話でびっくりした・・・でも、二人に頭を下げられると断るに断れない・・・

今の時代、携帯電話やパソコンで大事な事まで済ませてしまう世の中・・・この二人も携帯電話で
要件を伝えて済ませれば簡単で楽な事・・・
しかし、こうやって二日後に結婚式を挙げる二人が一番忙しい時にも関わらず挨拶に来てくれた。
なにかと「今の若いやつ等は!」と、的にされる時代だが・・・二人の訪問が嬉しく、頼もしく
みえた・・・

私は快く受けた・・・内心、大変な大役を受けてしまったな~、思ったけど・・・

人から頼まれると、人間決して悪い気はしない。勿論、事と次第によってだが頼られている満足感
もある・・・例えそれは「穴埋めであろうと、代役であろうと」・・・

さあ~て、それからが大変だった・・・本棚から「冠婚葬祭の挨拶」なる本を引っ張りだしては
夜中まで朗読していた・・・
まさか、カンペを見ながら挨拶する訳にはいかない!・・・
でも、暗記した挨拶の例文を餞にしてもちっとも気持ちは伝わらない。

綺麗ごとを並べた餞の言葉より、ごく自然のありのままの挨拶で二人の門出を祝したいと思った。

いよいよ明日は結婚式当日・・・無事、挨拶を済ませて美味しいお酒を飲みたいものだけど・・・
たぶん今夜も眠れない夜だろう!・・・






太田金山子育て呑龍

正月以来2ヶ月ぶりに東京に住んでいる倅夫婦が孫を連れて遊びに来た。

子供(孫)の成長は著しい・・・まして幼少の頃は日に日に成長が目に見える。

正月に来た時はあぶなげな足取りだったが2ヶ月たって1才3ヶ月になるとしっかり歩いている・・・

そのしぐさや笑顔は本当にかわいい・・・子育てに関与しないだけにやたらとかわいい・・・
自分たちの子供は皆男ばかりだったので可愛い洋服姿の女の子はよけいに可愛い・・・

最近、孫も私に慣れたせいか私の顔を見て笑うようになった・・・以前は抱くことはおろか、
顔を見るだけで火の付いた様に泣かれた(じぶんで言うのも変だけどそんなに怖い顔ではないのだが)

生まれた時は生まれた時で怖くて抱けなかった・・・こわれてしまうんじゃないかと触ることも
出来なかった・・・首がすわるまで抱けなかったし、抱けば抱いたで妙に力が入って泣かれてしまう。

その点、女房は3人の子供を育てた事で慣れたもんである・・・女房の実家は飲食業で、赤ん坊が出来ても
里帰りしても頼ることが出来なかったから、退院すると里帰りせずすべて自分で育児と家事をこなした。

女は子供を産むと強くなると云うが、その通りだと思う・・・男(自分)は分娩室の前でおどおどと
していただけであったような記憶がある・・・

倅の嫁もしっかりしていて子育てに関してもいろいろ勉強していてがんばり屋である・・・やはり嫁も
退院して里帰りせず子育てと家事をこなしている・・・子供に注ぐ愛情が伝わってくる。

2月にしては寒さも緩んだこの日、私は同伴出来なかったが女房が孫達と子育ての神を祀ってある、
太田の呑龍様と金山にある群馬こどもの国に出かけていって、孫とのふれあいを楽しんできたようだ。

来月の第一日曜日は初孫の節句が控えている・・・またひと廻り成長した孫に会うのが楽しみである。

ある人が言っていた・・・「孫は来て良し、帰って良し」、と。・・・

意味の深い言葉に感じた・・・・・

子育て呑龍
立派な佇まいの子育ての神・・・呑龍様
ぐんま子供の国
いろいろな遊具が揃っていて駐車場も含めてほとんどが無料・・・

添わぬ中が花

昨日、歩いて行ける馴染みの小料理屋の女将の娘(娘といっても40過ぎ)からSメールが入ってきた。

最近、女将は身体の調子があまり良くないので、変わって実の娘が若女将としてお店を切り盛りしている。

何か大事な話でもあるような文面のメールでこんな事は稀である・・・

今更、愛の告白(笑)はないだろうけど店ともご無沙汰だし,
まだ風邪も完治してなかったが出掛けてみた。

入り口の縄のれんを潜ると馴染みの先客が4,5人カウンター席で盛り上がっていた・・・

軽く挨拶を交わして隅に座る・・・

各自、カウンターのお客の前には酒やつまみの他にロッテの赤いガ◯ナチョコが置かれている。

そこで全てを察した・・・と、次の瞬間、ハイ!〇〇さんバレンタインチョコ!!、と言って、
皿やコップが並べてある棚の隅に十数個積まれているガ-◯チョコを掴んで私の前に・・・

毎度毎度の事だが若女将のほうが一枚も二枚も上手である・・・

「このチョコが2000円位になって帰ってくる~!ワオ~ッ!!」・・・悪気の無い作戦にお客は
ただただ笑うだけである・・・

普段は冷酒に刺激の強いつまみを頼むのだけど、完治してない風邪の事もあって、熱燗とおでん
をつまみに頼んだ・・・

気心知れた常連客と飲む酒にゆっくり時間が過ぎていった・・・

でも、何か若女将の様子がおかしい!・・・そして目頭を抑えていた若女将が話を切り出した・・・

「実はね~私、離婚しようと思ってるんよ!」・・・皆んな薄々は感じていたけど、唐突だった・・・

「もう疲れてね~!・・・二度目の結婚で、上手くいくと思ってたんだけど・・・やっぱりお互い
嫌なところをほじくり出しては口喧嘩ばかりで・・・一緒にいても苦しいだけでね~!」

皆んな黙って若女将の涙を見つめていた・・・

「高校生の息子も解ってくれたし・・・もう結婚はたくさんかな!・・・添わぬ中が花よ!!」

各家庭いろいろ事情がある・・・説教する程我々も野暮では無いし立派でも無い!

夜も更けて店をでた・・・空には無数の星が輝いていた・・・明日、朝の冷え込みは一段と厳しいだろう!

酒
酒の味も人生もいろいろな味がある・・・すべて美味しいとは限らないけど・・・












ドタキャン

一昨日の晩に身体に違和感があった。
身体全体がだるく、ふしぶしが痛い・・・微熱もあり・・・多分風邪だろう、と早寝した。

翌日の朝、身体が震えるように寒い・・・昨晩より明らかに熱は上がっている・・・
熱を測ると38度まで上がっていた・・・

これでは仕事にならない。電話で仕事の段取りを伝えて医院に出掛けた。
幸いインフルエンザじゃなかったけど、安静を余儀なくされた。

6日に降った寒い雪の中で作業したのが原因かも知れない・・・その日は電気工事との関連で
仕事を休む事は出来なかった・・・半日程度の工事だったがみぞれの中の作業だった。

もう何年も医院には行っていない・・・健康診断には行っているが病気で医者の世話になったことは
十年振りぐらいだろうか・・・
だいたい、一杯酒を多く呑んで早寝すれば初期の風邪ぐらい直ってしまうぐらいの単純な身体なのである。

今週末の連休は仕事以外だが予定が詰まっていた・・・

本日、日曜日には私(BO-Merry)の所属しているディスクドッククラブ主催のBBcupが行われるし、
祭日の明日、月曜日は(名犬牧場のスーパーディスクドックショーは今回、私用の為参加は出来ないけど)
20年ぶりのスキー仲間と長野に一泊のスキー旅行の筈だった・・・筈だった・・・(涙)

これ等全部キャンセルせざるになった・・・

楽しみにしていた事全部が一瞬に消えてしまった・・・

スキー仲間の一人が言った「向こうで温泉でも入れば治っちまうよ!」

本心は嬉しかったが、あえて今回は仲間たちの無事を祈って見送る事にした。
2,3年若かったら無理して付いて行くかも知れない・・・

ふと昔の小学校時代の林間学校での出来事を思い出した・・・

秩父長瀞にあるキャンプ場に一泊して近くの里山を山歩きする課外授業・・・カレンダーに○を
付けるほど楽しみにしていたし友だちとも会話も初めて行くキャンプの事で盛り上がっていた。

山歩き、キャンプファイヤー、フォークダンス、バンガローでの宿泊・・・好きな女の子と
フォークダンスで手をつなぐことが出来るだろうか・・・

すべて察しの通り!・・・林間学校出発の前日、高熱(知恵熱?)を出して自ら撃沈(涙)・・・

この頃から世間は私の意に反して廻る(笑)様になり尽く今でも裏目、裏目に結果が出る(涙×2)

人間、齢を重ねてくると無理が出来無い身体になっていくのも仕方の無い事・・・か、と言って
守りだけの人生もつまらないもの・・・齢相応、程々の無理を通して頑張って行きたい・・・

ディスククラブの皆さんにはドタキャンしてしまいご迷惑お掛けしたことをお詫び申し上げます。

今宵も風邪薬を呑んで早寝する私・・・隣で運動不足で、やや不満そうなメリーが上目遣いで見ている。

ドタキャン
メリーもつまんないだろうけど、俺もつらいんだよ~! 「ゴホン!ゴホン!」





















立春・・・春はまだまだ!

立春を過ぎ暦の上では春が近い・・・勿論、北風が強く寒い日もあるがポカポカ陽気に春をも感じる。

これからの時期は三寒四温・・・一日一日と、追うことに日差しが優しくなっていく・・・

このところ毎週のように山に出掛けている・・・先週末は水上方面、先日は片品、そして今週末は
長野方面に出掛ける予定である。

山間部は寒さは厳しく、まだまだ春には遠く大寒はしばらく続く・・・

幸い出掛ける時はいつも山は穏やかで、青い空と白い山のコントラストに瞬きを忘れる位の感動に恵まれてる。

もともと海より山が好きな私だが、ここ数年は冬のこの時期はオフシーズンと決めつけていて、
雪深い温泉地の露天風呂位しか頭に浮かばなかった・・・ウインタースポーツから十数年の離れていた。
どうも冬籠りのイメージが年々強くなってしまったのである。

いつも長い冬は渓流釣りの解禁や登山の山開きをひたすら待つことが習慣となってしまった・・・

春は春、夏は夏、秋は秋・・・そして冬は冬なりの自然を謳歌しようと前向きに考えてみるようにもなった。

先日の帰り道、片品村にある農産物の直売所に春を見つけた・・・山ウドやふきのとうなど山菜が
並んでいた。もちろん、ハウス栽培で満足のいく味ではないだろうが、一歩一歩春は近づいている。

今は雪深い山小屋も、春は少しずつでも近づいている。

DSCN5772.jpg

DSCN5782.jpg

DSCN5806.jpg

春はまだまだ







雪上に馳せる

第3回となる水上ドックスポーツフェスタ2013が来月の2、3の土日の両日行われる。

今年も水上高原スキーリゾート(旧水上高原プリンスホテルの隣接スキー場)の特設会場との事・・・

第2回大会の去年は天候にも雪質にも恵まれてギャラリーも多い最高のイベントでした。

生の犬ぞりを見たのも初めてで、その迫力に圧倒した・・・

日本全国からのエントリーと聞いて、犬ぞりだけをやっている人達の大会かと思ったが
ディスク仲間も大勢エントリーしていたので親近感で応援出来た・・・

仲間の皆さん、いろいろなドックスポーツを楽しんでいるんだな~、と思った。

代表のH氏に「やってみる~?」と誘われたけど・・・ディスクのフリーにだけエントリー・・・

一生懸命にソリを引く犬達を見ていてちょっと可哀想にも見えたけど走り終わった後の犬に対する
アフターケアや犬と人間の相互の信頼関係を横で見ていて感動して目頭が熱くなってきた・・・

もう一度その感動を味わいたいと今年も出掛ける予定である・・・

プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR