雪上の舞

27日の日曜日、水上高原スキーリゾートでのイベント、犬ぞり体験と雪上のディスクショーに
参加させていただいた。

スキーでは何度か通ったこのスキー場・・・昔ほどは混雑はしていないものの、やはり雪質の
最高なこの時期の日曜日だけあって家族連れやカップルの鮮やかなスキーウェアーがゲレンデ
に映える・・・旧水上高原プリンスホテルということもあってどこかお客さんも品がある(笑)

11時に現地集合ということで時間に余裕を持って朝7時には出発したものの高速が渋滞のニュース、
結局一般道で3時間半かかった・・・前橋市内から道路は白くなり事故車や道路を塞いだ車
を迂回しながらの運転だった。

スキー場に着くと吹雪いてはないものの軽い雪が降り続いている・・・でも雪質が良いので
全然濡れない・・・拭き払うとさらっと落ちる・・・ブーツで踏むとキュッキュッと音がする。

来月、20年ぶりに昔のスキー仲間と出掛ける予定・・・以前は毎週ののようにスキーに行っていた。
そこそこは滑れるだろうが、20年のブランクがオジさんオバさんの足腰にどう出るか不安でもあるが
楽しみでもある・・・たぶん早めに切り上げて温泉、酒盛りになること間違いないだろうけど!

車の運転中、カメラとビデオを忘れた事に気がついた・・・
今回ブログに載せられないけど、犬ぞりの体験(初歩の初歩)を体験した・・・これが結構ハマる・・・

家に帰って去年も参加した「水上スノードッグフェスタ」のビデオを見てみた・・・犬ぞり体験
はしなかったが雪上のディスクのフリースタイルにはエントリーしたのでUPしてみました・・・
芝のフィールドとは一味違った雪上の舞に観客の熱いまなざしが注がれていた・・・

今年も3月上旬にこのイベントがあるとの事・・・フリースタイルは勿論、メリーの引く犬ぞりに
エントリーしたいものです・・・次回のブログも昨年の犬ぞりレースのビデオをUPしてみたいと思います!
















スポンサーサイト

二兎を追う者は一兎を得ず

一昨日、昨日と、2月2,3日に名古屋ドームで開催されるディスクドッグの一大イベントのオーディション
に日曜の昨日エントリーして来た。

2日間で延、6万人の観客が見込まれ(昨年のデータ)・・・ディスク以外に色々なショーやゲームが
催されるとの事・・・

朝から嫌な風が吹いていて、人一倍風の嫌いな私としては必然的にテンションが下がっていった・・・

採点方法はいつもと違うが2分間のフリースタイル×2R・・・どちらか良いポイントが成績になる。

いつもの半分以下にフィールドが仕切られてのこのオーディション・・・勿論成績の方は申し上げるに
至らないけど・・・時々強風になる風の中皆さんコンスタントにポイントを上げていく・・・
やはりSコーチ夫妻は勿論、ワン芸ではTVや雑誌やイベント広場で知らない人はいない程の
有名人のM氏、いぶし銀のH氏・・・そして最も印象に写ったチームがS&和犬MIXのリューチーム。

彼女の1R は納得のいくプレーは出来なかったみたいで、2Rの強風の中での落ち着いたプレーが
印象に残った。キャッチ率も良かった・・・素直なスローイングで欲のないプレーの結果だと思った。
勿論、Sさん他にもラヴを飼っているが攻撃的なルーチンも持っている・・・

専門家ではないのでディスクドックの話しは解らないけど・・・1Rと2Rを状況に応じてプレー出来るのも
経験と練習を重ねて得られるものなのかな~、と思った。

私もディスクドッグを始めて3年が経った。

フィリップもボルトもオーバーも未完成ながらも出来るようになった。
本来ならばそのトリックを完成に近づけ、キャッチ率を上げなければならない。けど、仲間達は
新しいトリックをどんどん取得していく。
焦って、焦って自分も見よう見まねでメリーに覚えさせようと無理をする。
あれもやりたい!、これもやらせたい、と欲が先行してしまっている。

フィリップ、ボルト、ロングスロー、ジグザグ、サークル、エッグ、ドックキャッチ・・・
これ等のトリックの少しでも上達させて少しでもキャッチ率を上げる・・・。

勿論落ち着いてディスクを投げる事が大事だけど・・・

「上を見れば限がない!下を見ると後がない・・・仕方ないけど先もない。」

BO&Merry、焦らず落ち着いて出来る事の完成率を上げて欲張らない・・・

・・・皆んなそんな事解っているんだけど、難しいんだよね~~!・・・




寒中お見舞

・・・寒中お見舞い申し上げます・・・

一年で一番寒いこの時期・・・朝起きるのが本当に辛い!

齢を重ねるとだんだん寒さが苦手になってくる。

若いころは薄着でもさほど寒くは感じなかったが、保温性の下着を選んで着ているが重ね着が、
増えていく・・・

住まいも昔と比べれば気密性に優れ、暖房器具を併用すれば室内でも薄着で過ごせる。

我が家は築30年以上以上の住宅・・・多少の隙間風は仕方ないものの、まあ~まあ~暖まる。

先日、近くに住む友人が新しく家を建てた・・・その新築祝いに呼ばれて御邪魔した。

その日は関東地方に雪を降らせた寒い夜だった・・・我が家はエアコン、石油ストーブ、炬燵、
ホットカーペットがフル回転の日・・・いつもの厚着を重ねて出掛けて行った・・・

中に入ってビックリ!・・・広いリビングにエアコンが静かに廻っている・・・高い天井から、
温かい空気を循環させている。強制的に暖めた空気では無く自然の心地良い温もりの暖かさである。

出迎えてくれた先方の家族たち、皆スリッパを履いていない・・・遊びに来ていた孫達は裸足である。
・・・「う~む!なんだ、この足元の暖かさは!?」・・・

そうです!床暖房である。1Fは和室を除くすべての部屋が床暖であるらしい・・・
外壁断熱、ペアガラスサッシ、床暖房、オール電化・・・屋根にはソーラーパネルの最先端の
エコ(?)住宅・・・それなりの設備投資にかかる予算は大体予測は出来る、が!・・・

キムチ鍋を頂きながら一枚、また一枚、またまた一枚と女房と俺は服を脱いでいく・・・

リビングの掃き出しから出られる所にウッドデッキがカーテン越しに見える・・・そのウッドデッキに
孫達が作った雪だるまが寒そうにこちらを見つめていた・・・

夜も更けて寒い我が家に戻った・・・気がついたら炬燵の中に潜り込んで重ね着している自分がいる。

風呂から出てきた女房に言った「ウチもオール電化にするか~!?・・・床暖はいいよな~!」

「・・・湯冷めしないうちに、もう寝るよ!・・・」。女房は寝床に行ってしまった・・・


寒がりのメリーも雪遊びは格別!







正月のツケ

先日の13日の日曜日、群馬県赤城にある世界の名犬牧場のディスクショーに出させていただいた。

まだ正月気分も抜け切れない3連休の中日・・・多少の風は吹いたけどまずまずの天気。

お客さんも寒の内にはめずらしく結構多いとのこと・・・

今回で5回目になったディスクショー・・・少しは落ち着いてプレー出来るようになったけど
まだまだお客さんに見せられるほどのパフォーマンスには程遠い。

技術不足からか、(失敗したらどうしよう!)トリックスローが怖くて投げられない・・・

どうしても動きも小さくなってしまう・・・

本来走ったりジャンプしたり大きい動きが大好きなメリーだけど、キャッチ率を気にしてか、
フィールドを目一杯使ってのプレーが出来なくなってしまった・・・

一回目のショーでいつもやってるボルトの3連発を一つもキャッチさせてやることも出来なかった。

多少は自信もあったボルトの失敗にお客さんや仲間やスタッフやメリーに申し訳ないと涙が出てきた。  終わってみれば話にならない程、動きは小さくキャッチも数枚程だった・・・

一緒に出演している仲間たちは毎回、月を追う毎に新しいプレーや上達が目に見えている。
いつも練習は一生懸命でディスクへの取り組みも前向きな仲間達に申し訳ないとつくづく思った・・・

「いい加減!5回目だろ~!しっかりしろよ!」・・・2回目のショーが始まる前に自分に言い聞かせた。

・・・しかし2回目のショーも結果としては満足のいく程では無かった・・・

練習不足の結果そのもの・・・以外に何もない!・・・

確かに年末は忙しく走り回っていてメリーとのディスクどころでは無かった。悪いとは思っていたが
仕方なかった。・・・でもそれは言い訳に過ぎない・・・たとえ5分でも時間は作れた筈である。

正月は正月で酒の席を優先していた・・・挨拶に来た仕事仲間とは昼間から酒を飲み、
挙句に女房にメリーの散歩や世話を任せっきりにしていた・・・

その「正月のツケ」の結果が先日のショーの結果である。

「犬(メリー)は絶対にキャッチ出来る!難しく取りづらいディスクも一度は取れるだろうけど、
次に繋がる取りやすいディスクを続けて投げてやらないとフリースタイルは成り立たない!
問題は○○さんの投げ方しだいだね~!」

日本を代表するH氏の言葉を改めて思い出した・・・


近くの公園にて・・・正月太りの身体も絞らないと話にならない!

















一富士、 二穂高、三那須、日

暮から正月にかけて冬山の遭難のニュースが後を絶たなかった。

私は冬山には登らないしそれだけの経験もない。

新緑と紅葉の綺麗な時期だけ山に登るがそれで充分であり、それ以上のリスクは負わない。

怖いというイメージが先に経つが、あえて冬山に登る人は言葉に言い表せない程の魅力があるんだろう!

でも命まで落としてまで・・・山の神様は嘆くに違いない!・・・神様だって殺生はしたくない。

以前山登りのクラブに所属していたが、予定や行程が合わない事もあって殆ど単独で登る。

仲間と和気あいあいと楽しく登れれば最高の山登り、それはそれで楽しい・・・

仕事柄、日曜祭日も急に仕事になったり、天候に左右される不規則な職業であるから、予定がつかない。

当日、宿の予約を取って旅行に出掛けたり、休みが取れれば平日でも釣りや山に出掛ける。

いわゆる自由業だが・・・気楽に見えるがいろいろ苦労もある。全てが自己責任の上に
成り立っている。 人に責任を押し付ける事も出来ないし、一人だけおいしい思いも出来ない!

・・・話が反れてしまったが昨夜変な夢をみた・・・

自分が大勢の人を連れて冬山(雪)を登っているのである。穏やかに晴れた雪の上を皆んなで歌を唄いながら・・・次第に天候が悪化して先が見えない程の猛吹雪の悪天候に・・・

先頭に立つ自分・・・ときどき後ろを振り返る・・・大勢いる筈の仲間が振り返るたびに少なくなっていく

そして最後に振り返ると誰もいない・・・自分だけになっている・・・

ふと、山頂らしき所が吹雪の中微かに明るくなっている・・・一緒に歩いてきた仲間達がそこにいる。
皆、手を振って自分を呼んでいる・・・必死に歩く・・・でも仲間達はどんどん遠くになっていく。

怖くて怖くて・・・雪の中にうずくまってしまった・・・そして幸にして目が覚めた・・・!

こんな夢はここ数年見たこと無かった・・・朝、目覚めも悪く一日中不快の中にいた・・・

正月に見る初夢・・・3日の日に見た・・・今年は久々に富士山に登ろうか?始めての穂高も登りたいし、
那須の山頂から歩いて行くしかない秘湯の温泉に行こうか、と楽しい夢だった・・・


まだ今年も始まったばかり・・・もう一度気も心も新たな気持ですべてに前向きに進んで行きたい。















信州信濃の蕎麦よりも!

無性に蕎麦が食べたくなった!・・・

暮れに年越し蕎麦を埼玉、加須市でうどん店を営む女房の実家で食べたばかり・・・

美味しい蕎麦と聞くと無性に食べたくなり出掛けてしまう・・・

蕎麦に限らず食べ物全般に言える事だが、各人好みの舌がある。

あそこのラーメンが美味しいからとか、カツ丼が美味しいとか・・・色々情報を貰うが
全部の店の味が全ての客が満足いく味とは限らない・・・それが好みであり、各店の味がそこにあるものだと思う。・・・一概に押し付けることは出来ない!・・・味にガッカリする人もいれば、その味を絶品と
称する人がいるのも間違っていないのである。

以前行ったことのある蕎麦屋なら間違いなく味は約束される・・・が、
新しい知らないお店に行ってみたくなった・・・お金を出して食べるのだけど、口に合わなかったら
仕方ないと思う反面・・・ハズレのない蕎麦を食べたい・・・ちょっと、本屋に行ってみた。

地方紙のコーナーには地域のグルメを特集して並べてある・・・その中に蕎麦を扱った情報誌を手に取った
・・・まだ新しい情報誌らしい・・・ページをめくりながら1軒の前橋にある蕎麦屋を見つけた。
写真で見る限り美味しそうな蕎麦。値段も高くないし・・・そうそう出掛けて見ることにした。

カーナビに入力していざ出発・・・早く食べたい・・・気持ちは高ぶる!

その店は住宅街にあり、カーナビなしではたどり着かない程の処!・・・その味を食べられる事に
カーナビに感謝したいところ!・・・

そしてお店に入った・・・マテヨ~! 意外とお客は少ない・・・ま~!イイか!

テーブルに座りメニューに目を通す・・・しかし雑誌に載っているメニューが無い・・・

そこに注文を聞きにお茶を持って来たパートらしい人が来た・・・

・・・「すいません!雑誌を見て食べに来たんですがあのメニューはありますか?」・・・

すると、そのパートらしき人、気まずそうに「今、それはおいて無いんですけど」・・・

「え~!それが食べたくて来たんですけど!」

「そのメニューは一年位前から出してないんですけど」・・・

私は直ぐ様席を立った・・・文句の二つや三つ位言いたがったが、言ってもどうにもならない。
一年前から提供してないメニューを平気で新しい雑誌に載せている・・・味うんぬん以上の問題!

値段が高くても味で来る客もいれば安い値段で美味しさを探している人もいる・・・

我慢して他の高価いメニューに切り替えて頼むひとは多いだろうが私はあえて、「じゃあ!帰ります」、
と店を出た・・・周りの客はビックリしていた・・・

その後知り合いに携帯電話で情報を得て美味しいお店を紹介してもらった。
彼は蕎麦好きが嵩じて自らそばを打つほど・・・
そのお店は以前聞いていたが・・・彼が絶賛する程の最高の新蕎麦の香りを頂くことが出来た・・・

私は古い人間で、人に合わせたり人の意見を聞くのがどうも苦手・・・まして自分より若い人の意見
は軽く聞き流してきた・・・

蕎麦に限らずもうそういう屁理屈は通用しないのも事実・・・信州の蕎麦は有名で美味しいけどもっと美味しい
蕎麦も何処にでも隠れて存在する

人格もその例外ではない!!・・・今年は素直な気持ちで全てに接したい・・・そんな目標をたてた。


新蕎麦
前橋市日吉町3-41-12  ☎027-231-7294 水曜日定休

新蕎麦 (2)
金砂郷新蕎麦(味も香りも最高の逸品)・・・そしてつゆが絶品!


国宝に祈る

今朝早く犬の散歩を終えて歩いていける程にある聖天様という縁結びの神様を祀ってあるとこに
行ってきた。

去年に国の国宝の認可を受けた由緒ある建物であり、7、8年の修復期間を経て立派な容姿が
御開帳として披露された・・・

去年は身内、親戚に不幸が続いて5人の人を見送った・・・60代始めの人もいれば90代
後半の人もいた。

数えたことは無いが去年何回、葬儀やお通夜に参列しただろうか?・・・

女房の付き合いを含めると、20回は超えている・・・それだけ付き合いが多いわけだが
年を重ねる毎に複雑気持ちで祭壇を見つめては焼香する。

勿論、結婚式やお祝いの席もあったけど・・・葬儀に関しては特別に思い出せる・・・

いわゆる、去年は喪中の年で仕事関係を除けば暮や新年の挨拶は控える事となるし、
初詣も例外ではない・・・
しかし、去年は例年より不幸が続いたような気がした・・・

今朝早く、神様に頭を下げて今年の運を頼んできた・・・

運とか神頼みとかあまり興味も無かったけれど、倅達やその嫁、そして孫達が良い一年を
過ごせるようにと思うと・・・素直な気持ちで国宝、聖天様の本殿に手を合わせることが出来た。

ディスクドック
国宝「聖天様」

朝湯、朝酒、朝寝

新年明けましておめでとうございます。

新たな一年の幕開け・・・無事に一年が過ごせる様にと願う元旦の朝である!

日課になっている朝晩のメリーの散歩も元旦の朝は感慨も一入・・・初日の出の時間
に合わせて多少時間をずらす・・・

群馬県との堺を流れる利根川に架かる刀水橋の横に自転車や歩行専用の橋がある・・・
初日の出を見ようと毎年橋の上は沢山の人、人、人・・・
だんだん東の空が茜色に輝き始め、太陽が顔を出すと一斉に歓声が騰がる・・・

毎年その中にメリーと私がいる・・・普段は一番寒い時間帯・・・ウオーキングする数人と
すれ違う程度だが、皆、白い息の渦の中でその瞬間をひたすら待つのである・・・

私は盆も暮も正月も関係なく時間になると床に入る。起きる時間も一年を通して同じ時間・・・
紅白歌合戦など10年以上も観てないし、興味もない!

毎日、同じ時間に朝起きて犬の散歩をして朝食をとって休日以外は仕事に出掛ける・・・

1月2日からはまた普段と変わらない生活に戻る・・・が、しかし元旦の朝だけは唯一贅沢を
する特別の朝である!・・・これも10年以上続いている・・・

朝湯、朝酒、朝寝である!・・・私にとって最高の贅沢である。

大晦日の夜は女房も特別遅くまで起きているらしく、朝の浴室の湯船はまだ多少温かいお湯が
残っている・・・追い焚きをすれば充分入れるのがが・・・そのお湯も栓を一気に抜く!

元旦の朝位しか私は風呂掃除をしないので渦を巻いて流れていくそのお湯を見ていると実に気持ちがいい!

「そんなに気持ちいいなら毎日やってよ~!」・・・女房が雑煮の下準備をしながら笑っている・・・

「元旦の朝だから気持ちいいんだよ!」・・・屁理屈を言って私は笑い返す・・・

いつもはカラスの行水の私もこの日は長湯する・・・いや長湯ができる!・・・

小原庄助じゃないけど、「朝寝、朝酒、朝湯がだいすきで~!そ~れで身上潰ぶした~」、じゃないけど

元旦の朝だけならこの程度の贅沢してもバチはあたらないかな~!!


初日の出
今年一年も穏やかでありますように・・・利根川に架かる刀水橋から見た初日の出
プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR