一年の計は大晦日にあり

「光陰矢のごとし」と云うが、月日の経つのは本当に早い・・・

年を重ねると一層早く感じる・・・何故だろう!

若いころは一年が長く感じたものだが・・・責任感の重さが関係しているのかも知れない!

今、自分の置かれている立場と若いころの立場には歴然とした重さの差がある・・・

その責任の重さに東へ西へと走り廻っている現在の自分!!

自分の自由に出来る時間が無ければ無い程、月日が早く過ぎてくのを感じてしまうのだろう・・・

一日が24時間じゃ足りないとか、身体が2つあっても足りないとか・・・!

何時しか時間の配分も考えずに行動すること自体、無駄に時間をつぎやしている様に思える。

今年も残り僅かも僅か!・・・今日だけになった

ブログ名にもなっているメリーとの一年で締めくくりたい・・・

名犬牧場のディスクショーに、技術不足にも関わらず出させて貰ってるし、フリースタイルの大会にも
エントリー出来たし、いろいろなディスク仲間と知りあえたり、山小屋合宿も出来たし・・・
でも一番の思い出はやはりドグタウンカップのD1エントリーであろう!今年は2回目のDTCだったけど
去年はすべての大会はD2 だったから・・・
上位のプレーヤーの演技が見られただけでも!だけど、その仲間達と一緒にD1プレー出来たことが、
一番の思い出だろう!・・・

「終わりよければ全て良し」という言葉があるが、無事に女房とメリーと一緒の一年が過ごせたことに
感謝する一年でした・・・


写真提供・・・デニークラフト




スポンサーサイト

FINAL THE 忘年会

昨夜は今年8回あった忘年会の最後の酒席であった。

毎年最後の忘年会は仕事納めの29日と決まっている。

仕事仲間の本当に気心知れた10人程度で、我が家の近くの中学、高校と一緒だった同級生が
営む寿司屋で10年以上も続いている・・・

私も彼も建築科を専攻していたが、彼は180度も違う飲食業に進んだ・・・もともと両親が町内で
ラーメンや丼ものを提供する食堂を経営していたのでおかしくはないのだが・・・

東京の銀座の老舗の中の老舗!『寿司政』で修行してきた。和食の修業は今でも半端では無いらしい。

その苦労が実って今では市外からも足を運ぶ客は多いほどに・・・

都会と違って美食家の少ない田舎に合わせた品書きが功を奏したのであろう!

数年前に立派な数寄屋造りのお店にも改築した。

さて、忘年会の話に戻ろう!

忘年会には二次会、三次会が付きものだがこの酒席に関してはそれは無い!無いというか、
二次会は決まって歩いて戻れる我が家での呑み直しになる。
熊谷や太田の歓楽街に繰り出すことはまず無い!

皆、口を揃える「もう、おんなの子のいる店はあきたよな~!」・・・皆んな相打ちをうつが、
実際は皆、忘年会続きで財布の中身が薄くなり懐がさみしいのだ・・・

そこで女房が冗談を言う・・・「私なら指名料はとらないよ~!」・・・女房の方が一枚上手だ!

毎年こんな感じで和気あいあいに時間が過ぎていく・・・

最後に毎年女房が作るラーメンを皆んなですすって今年最後の忘年会はお開きになる・・・

毎年何人かは29日まで仕事が終わらず我が家から現場に行く者もいたが今年に限っては
皆、29日までに仕事は落ち着いたようだ・・・

今年は2名が我が家に泊まった・・・

今朝、女房が作ってくれたしじみの味噌汁と軽い朝食を食べて、「来年も宜しく」と、二人は帰って行った。

今年も女房の最後の饗しも無事に終わった・・・






ゴンドラの唄

この押し詰った歳の瀬に我が班に葬式が続いた。

続けてあったというか、同じ家で葬式が二度続いた・・・

先週末の事であった。特別養護老人ホームに入居していた95歳の女性である・・・天寿全うされた
その女性はある意味お祝い的に葬儀は進めたれた・・・

喪主の倅さんも参列された方々に小さく笑みを浮かべて挨拶されていた。
親戚縁者もホットした感じであった・・・

しかし、その3日後に喪主を務めた倅さんが亡くなったのである・・・73才であった。

我が家の裏に広場がある。その広場を挟んで家がある・・・その家の家長である。

親戚は勿論、隣組や知人は信じられない程狼狽した。

映画「キューポラの街」で有名な埼玉の川口の鋳物工場(こうば)で定年まで工場長を勤めて、
退職後も若手の育成にと、70才近くまで現役でいたらしい・・・

最近まで盆暮れには仕事の後輩達が挨拶に来ていて、奥さんはその人達を饗していた。

仕事に忠実で職人気質の人間だったのだろう!・・・何度か一緒に酒を飲んだが
バカが付くほど真面目な人でもあった。反面、冗談も通じる人でもあった・・・

仕事から退いては近所の川で釣りを楽しんだり、飼っている柴犬の散歩などをしていた。
でもこれといった趣味は無かったらしい・・・酒とたばこはこよなく愛していたけど!

その犬の散歩も最近は奥さんに任せていた。

彼には持病もあって、殆ど犬小屋の横の縁側の前に椅子を置いて朝から晩まで何をすること無く
座っているだけであった。

私は、裏の広場で時々メリーとディスクの練習をする・・・決まって彼は椅子から立ち上がって
メリーに近づき頭を撫でては可愛がってくれた・・・

静かで穏やかな死であったらしい・・・最愛の奥さんに看取られて彼は生涯を終えた・・・!

葬儀の際、彼の祭壇の前にはお線香の煙りにと一緒に大好きだった煙草の煙りも偲んでいた・・・

儚く、寂しい歳の瀬になってしまった!・・・

・・・ふと、昔観た黒澤明監督の映画「生きる」を思い出した・・・!

男はおとこ!女はおんな!

男はおとこ!女はおんな!

いくら頑張っても男は女にはなれない!・・・女は男にはなれない・・・

当たり前の話である!整形で転換しようが男は男!女は女!

神様に逆らう事は出来ないしする意味もない!

俗にいう男らしくない!とか男勝りとか・・・すべて客観的に見ているし表面しか見ていない・・・

要は内面に存在するその人の価値・・・

「男らしい女・・・女らしい男・・・皆んな価値観の中で生きている!」

いざとなったら女のほうが腰も座るし邪見にも惑わされない!

「そんな女になりたくて!!・・・でも所詮、男はおとこ!女にゃなれない!」・・・

群馬太田のオカマバーでのマスター「スギちゃん」の座右の銘・・・「信じるも信じまいもあなた次第!!」

化粧お化けのそのマスター!・・・女以上のおんな!?いや!男以上のおとこ・・・彼(?)から得るものも沢山あった師走の夜であった!!!


酒の席

今年の忘年会も後半戦に入った。

12月中に千葉県への一泊旅行を兼ねた忘年会や群馬県、伊香保温泉での現地集合、現地解散の忘年会。

その他通常の忘年会・・・まだ消化してないのを入れて8回の忘年会である。

日中は仕事をこなして、夜の付き合い・・・仕事の疲れと胃腸の疲れで油断すると
すぐにでも風邪をひいてしまう・・・体調管理が大事な時である・・・

飲み会には2次会、3次会は付きものである・・・1次会のみで帰る人もいるが、良くも悪くも
人間の本音が出るのが2次会以降なのである・・・

仕事柄男だけの世界で女性には縁のない事もあって決まって綺麗どころに流れ込む・・・

カラオケマイクを離さない人もいれば女性とヒソヒソ話をしている人・・・1次会からの仕事の話
を持ち込んでいる人・・・ま~!各自好きな事をはじめる・・・いわゆる無礼講である・・・
2、3次会まで上下関係や仕事の取引関係の紐を固くしてると面白くないし、2、3次会の意味が無い!

しかし何事にも限度がある・・・

酒が入ると気も大きくなるし日頃の溜まったストレスが爆発することもある・・・
決して日本の経済の良いとは言えないし景気が良いとは言えない・・・皆んな大なり小なり我慢して
日々生活している・・・皆んな仕事や家庭やその他もろもろの悩みを持って生きている・・・!
ただ、涙は見せずに皆んな生きている・・・生きている・・・!

人間関係ほど厄介なものはない!!・・・仕事の相性や能力で会社やそうゆう環境から自ら離れる
人もいるが、やはり人間関係により退職する人も多いとのこと・・・

それは、昨夜の仕事関係の忘年会の3次会の席で起きた!

時間も時間・・・午前2時を廻っていた。

奥のテーブルの席で女性を挟んで飲んでいた40代の仲間二人・・・突然店の女の子が叫んだ
「やめて~!」
二人はそこで取っ組み合いの喧嘩になった・
最初は、店の女の子の事で喧嘩になったのだと思った・・・でもそうではないらしい・・・

お店には我々のグループと他のグループを含めて20人ぐらいいた。でも店の中はカラオケの音で
ほとんどの客は気が付かない!・・・というか知っていても無関心である・・・

当の二人には仲間が仲裁に入って事なきを得たが、今度は二人大声で泣き始めた・・・

あとで聞いた話だがやはり仕事に関しての食い違いらしい・・・二人とも同じ会社で設備の仕事
を一緒にしている・・・日頃は冗談を交えて和気あいあいと仕事をしている・・・
だがお互い言いたいことも我慢してストレスが溜まっていたのだろう・・・

そんな事もあって3次会の酒席はお開きになった・・・

人間いろいろな悩みや苦労と一緒に生きている・・・美味しい酒が一番だが・・・悲しい涙の酒
の力を借りて自分を曝け出すのもある意味人間らしいかも知れない・・・

じっと堪えて飲む酒も、何もかも発散して飲む酒もその人を映しだす・・・

昔は理解らなくなるまで泥酔したことも何度も・・・失態も数知れず・・・

酒は美味しく飲むものだが、しがない世の中、正統的とは言えないが酒の力に頼る事も間違ってはいないようだ・・・

今年もまだあと2回酒の席がある・・・






















冷たい雨

朝の7時前、不意に携帯電話が鳴った・・・嫌な予感は予知はしていた!
長年の勘だろう、か!

勿論、仕事の電話である。・・・12月は一年で一番忙しい時・・・正月が控えているし!

今、従事している現場は工場の設備投資の仕事である。
5階建ての建屋に仮設足場を部分的に架けての工事である。・・・

実はこの工事、工場が休みになる土、日、月の3日間で竣工させる突貫工事・・・である。
金曜の午後から足場を架けて我社の工事は土曜日の工程。そして日曜日に塗装工事が入って
月曜日に足場の解体撤去の予定だったのである・・・

そして手違いが起きた!・・・仮設足場の業者が日にちを間違えてしまったのである・・・

現場監督も確認を怠り、発注元の工場の担当者も連絡着かない有様だったそうで・・・
当然、我社の工事は土曜日に入れず、日曜日の工事の可能性が強くなった・・・

しかし手違いはまたもや起きた!
週明けの工場操業の為の荷物(材料)搬入が日曜日に予定されていたのである!
結局、大型トラックが何度も現場周辺を行き来するということで工事は中止になった・・・

大きい工場になると担当者や部所も様々・・・意思疎通の確認漏れということであった。
しかし、工事業者は発注者には如何なる事も文句は言えない!・・・

たまたま、前々からの予定としていた日曜日の私用は叶ったものの、そのシア寄せが今朝の電話である。

一日中雨の中、5階建ての足場の上で身体の芯まで冷え切った冷たい雨の中の工事であった!

突貫工事になればなるほど入念な打ち合わせと確認は一層必要なのである。

プロであり経験も豊かな人でも単純なミスは起こりうる・・・恥ずかしい話だけど!

無事に工事も終わリ下着まで着替えて、温かい缶コーヒーを口にした時、心も身体も温まった!

冬支度

本格的に冬が到来。

明日の天気も外れる気象庁がよせばいいのに毎年長期予想・・・

今年の冬は厳しい寒さらしい!・・・ま~、アテにしてないけど冬は寒いに決まっている!

我が家は三男が小さい頃からアレルギーだったことから、温風ヒーターは使っていない。

すぐに温まるので勝手はいいのだが部屋の空気は汚れる感じで好きではない!

鍋や,やかんが直接乗せられる石油ストーブが使い勝手がいい・・・煮物も出来るし、
やかんを乗せとくと加湿器代わりにもなる・・・無理な温風が出ない分空気も汚れない・・・

そしてなんといっても寝室に欠かせないのがオイルヒーター・・・
これこそ最高の暖房機だろう!

換気の心配はないし、灯油を注ぎ足す手間もない・・・暖まるまで時間がかかるのが強いて言えばの
欠点ぐらい・・・穏やかな暖かさはまるで駘蕩たる縁側でうたた寝するほどの身体に優しい・・・

毎晩、就寝一時間前ぐらいにセットする・・・エアコンや温風ヒーターみたいにイヤな匂いもなければ
音も無い・・・!ゆっくり朝までぐっすり寝られるのである・・・

そして、今凝っているのが薪ストーブ・・・山小屋にはあるが自宅にも設置したいと考えている・・・
薪ストーブといってもピンからキリまであるけどホームセンターで販売している程度のもので充分!

薪を買ってまで薪ストーブに拘る人はいるけど、意外と買うとなる薪は高価い・・・幸い材木の端しきれは
仕事上賄える。

なんといってもあの温かみのある炎が最高である・・・遠赤効果もあって心身ともに落ち着くのである。

そして山小屋の薪ストーブで焼くピザやダッチオーブン料理を楽しむ・・・

山小屋の雰囲気を自宅でも楽しみたいと考えている・・・でも何時になることやら!!

冬支度もしてないのにもう直に正月が来てしまう!!・・・!

・・・今夜もオイルヒーターの温もりでいい夢が見れればいいかな~!・・・

008.jpg
今夜も心地よい眠りが約束される・・・今年も残り僅か・・・ もうひと踏ん張り!!!

冬支度
自然の恵みは人間の身体にも優しい・・・薪割りは意外と重労働である!




趣味と実益

二十歳前にスキンダイビングを始めた。当時はプロのダイビングインストラクターになりたくて
毎週のように伊豆の海に出掛けていた。

講習会も何度も受け「ダイブマスター」という中級クラスのライセンスも取得した。
けど、それ以上の実力は伴わなかった。

世の中には努力しても夢が叶うとは限らない・・・生まれ持っての素質も大いに必要なのである。

その後結婚して子供が出来ると伊豆の海は遠のき、渓流釣りや子供の成長に合わせては、
毎週のように冬はスキー三昧であった。

その後山登りに凝ってしまい、現在はドックスポーツにハマっている・・・

スキンダイビング以外は今でも続けているが、考えてみると私の趣味は広く浅くで何一つも極めて無い。

極めると言う事は努力と素質を限界以上に取得するに等しい。

・・・趣味は趣味でいいと思う。実益を重視すると負担は大きくのしかかり本業までにも影響を及ぼす。

先日、ドックスポーツ仲間のTさん宅に招かれて手打ち蕎麦をご馳走になった。

本当に美味しかった・・・中途半端では終わらせない彼の性格を目の当たりに、
「これでメシが食えるね!店でも出せば!」と言った・・・彼は「趣味は趣味!」と言いきった!・・・

彼には立派な天職がある。 誇りとしている天職があるゆえに、趣味のそば打ちが冴えるのであろう!

よくサイドビジネスとか二足のわらじとか言うけど、そんな人間は稀であろう・・・
完璧な人間がいても、本業の仕事にウエイトを置いているいる筈!!

趣味と実益を兼ね揃ったマルチな人間に成れる程、私もTさんも器用では無い様だ!!

036.jpg
看板こそ出てないが、手打ち蕎麦処 「滝沢庵」

038.jpg
今回、ゆず切りや茶蕎麦など色々な蕎麦にも舌鼓!





親睦会2012

先日の日曜日は隣組の忘年会を兼ねた親睦会であった。近くの集会場で毎年この時期に行われ、かれこれ20年も続いている。

我が隣組は21軒ほどある大所帯。 大体7、8軒が普通だと思うが・・・以前、2班に分かれる話が
あったのだが、ドンチャン騒ぎが大好きな我が班だから人数は多いほうが盛り上がると言う事だけで、
分離しなかった!

班長の仕事は一年を通して色々と大変である。ゴミ拾いやスポーツ大会やお祭りに至るまで
連絡や準備をしなければならないのである。

隣組の仕事は楽しい事だけではない!葬式も取り仕切らなければならない。
今ではほとんどが斎場で行うが、以前は仏様は自宅から送り出したのである。

各家、2名ずつお手伝い・・・喪主の家を抜いた40名が集まる訳で、喪主の親戚はその隣組の人数の多さに
ビックリする。・・・40名にお礼をしなければならないので、喪主も大変だったのである。

役場や自治会も2班に分かれる事を促したが・・・そのまま大所帯が続いている。

その名残りは今でも残っていて、隣組の班長が葬儀委員長を受け持つのである。
喪主やその親戚は隣組に従わなければならないのである。

葬式の話はもうよそう!

毎年人数は少しずつ減っては来るけど、酒好きが集まっている我が班・・・
飲めや、歌えや、踊れや、で集会場は大盛り上がり!!!

気心知れたご近所さん同士!多少の派閥もあるけど、和気あいあい・・・来年もヨロシク、と挨拶
して5時間も続いた親睦会2012も無事に終わった。

来年はその隣組の班長を我が家が受け持つ事になる。

・・・葬式だけは無いことを願うこの年の瀬である・・・

DSCN4914.jpg
2000円会費だけど各家が料理を持込みして豪勢な酒席となる。




プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR