釣瓶落とし

この歳になると1年が本当に短いと感じる・・・若いころは長く感じたのに何故だろうか?

年を追う毎に1年が早い・・・そして今の時期は1年で最も日が短い。

「秋の日は釣瓶落とし」と言うくらいに、日が落ちるのが早い!

外仕事では時間を無視しては成り立たない・・・工期を頭に入れておいても段取り次第では
どんどんズレ込んで行く・・・日が短いことは理由にならない!
まして年の瀬が近づくと慌ただしい・・・12月はあっ、という間に過ぎていく!

昔から「段取り8分」と言って、 段取りが最も重要で段取りさえよければ、大げさだが
仕事は終わったようなもの・・・

昔の職人は道具はおろか翌日の仕事の用意を前日に済ませておいた・・・これが「段取り」だ。
始業時間も工期を考えては早出したり、残業もしたり・・・

今は時代が違う。朝、仕事の段取りを始めてそれから現場に・・・若い人には早出は辛いようで、
眠い目をこすりながら出てくる・・・話を聞くと朝飯も食べずに!だという。

自分も若いころはそうだった・・・朝飯食うより眠っていたい!

当時おふくろが弁当と、朝飯ようにおにぎりを作ってくれてた。

今の若い人は現場に行く途中のコンビニでパンやおにぎりを買って朝飯代わり・・・やはり肉体労働は
朝飯抜きではきつい・・・

工場や会社の工事は基本的には工事時間は決められている。工程表と空を見上げながら工事を
進めていく・・・

建築業界は決算時期もあるが、盆暮れも節目のひとつ。・・・まさか正月元旦から仕事する訳には
いかない!

釣瓶落としのこの時期は何かと忙しい大変な時期でもある。


DSCN5809.jpg
正月はのんびりしたい!・・・だからこの時期頑張れる!!








スポンサーサイト

価値

最近つくづく思うことがある。

価値、と云う言葉・・・人間としての価値・・・お金に関する価値ではない!

人間としての価値・・・である。

人生50半ばまで生きてきてそれなりの修羅場も乗り越えてきた。

いろいろな人達と接してきた・・・

自分を成長させてくれた人もあれば、離れて行った人も勿論いる。

自分に都合の良いように人間解釈しがちだが、離れていった人からかも数多く教訓を得た。

むしろ、その人たちから得るものほど大きなもので今の自分を確立させてくれた。

自他、共に認め合ってこそ信頼も価値も生まれるのだと想う・・・

人間の価値とはそういうもんだと思う・・・自分の自覚に存在するものだと思う・・・

もうこの歳になると怖いものなど何もない!・・・強いて言えば女房ぐらいだろう!・・・

そんな女房だがいつも俺を黙って見守ってくれている・・・

人間の価値は女房からも勿論教えてもらっている・・・

040.jpg
これから日増しに甘さを増してくる沼田界隈のりんご。

7分の1

18、19の日、月曜日に掛けて千葉房総半島に仕事関係の旅行に行ってきた。

ここ2、3年日曜日を挟む週末は殆ど家にいたことがない。

まあ~、よく次から次へと予定が入る・・・近所の人達も週末の我が家をあてにしない・・・

休日、家の中で一日中ゴロゴロするタイプではないが月曜の朝、しんどい時が自覚にある。

日曜日は行楽行楽渋滞・・・帰りの月曜日通勤渋滞・・・往復16時間のバスの移動は
膝と腰に来る・・・そのうえ朝から晩まで酒浸り・・・身体に悪いわけですね~!

旅行2日目は東京湾アクアラインを通り横浜中華街のホテルで昼食・・・油っ濃いのは苦手だけど
本場中国料理は美味しい・・・いつもバーミヤンで満足しているので・・・でもバーミヤンも
それなりに美味しい!・・・値段が魅力です!!!

今回の旅行参加人数は28名・・・重慶飯店の入ったホテルのレストランの廻る円卓テーブルに
7名ずつ4組・・・次から次へと料理が運ばれてくる・・・

中華料理というのは大皿で運ばれてくる。 廻る円卓に置かれた料理が盛られた大皿を、
各自自分の小皿に取分けて、隣の人にと円卓を廻す・・・

この自分で取る量というのがなかなか難しい・・・多く取り過ぎると他の人に悪いし、
少ないと損した気分(笑)になるし・・・一巡して残ったのをまた取るのもかっこ悪いし!!

和会席やフランス料理などは殆ど料理は個別に運ばれてくるけど、大皿で出る料理は
中国料理ぐらいかな~。

出てくる料理すべて頭の中で7等分してたら食欲が無くなってしまった(涙+笑)
4とか6とか8とかなら目で大皿に線を引いて印を付けるんだけどな~。

でもなんだかんだ出てきた料理全部美味しく頂きました。食事の後、中華街を散策・・・
テレビでも有名な小籠包を立ち食いしたかったけれど、そんな別腹はありませんでした。

事務所の若い女の子たちは小籠包はおろか、400円もする肉まんも別腹に押し込んでいました。

あ~、若いっていいよな~!・・・7分の1なんて計算してねんだろうな~!!!

034.jpg
平日でも都会は毎日がお祭りのよう・・・仕事しているのかな~? みんな?!




業界用語

先日、車で仕事の移動中カーラジオのFM放送で業界用語の話をしていた。

「生きてるから死ぬぞ!」・・・これは電気工事関係の業界用語。・・・電気が通っているから触ると
感電して死ぬぞ!、らしい。

放送業界でも「そこを笑って!」と言うと、そこを片付けて!という意味だそうで 
知らない新人はず~っと笑っていたという・・・笑い話。

放送関係に限らず飲食関係でも挨拶は決まって「おはようございます!」ですよね~。
私も学生時代、バイト先で知りました・・・夜中でも「おはようございます」です。

私の職業としている建築業界もいろいろ意味不明な業界用語は沢山あります。

屋根に関しては、「葺く」、と書くと判るのだが、言葉だけで解釈すると「拭く」、理解してしまう!
若い新人の職人は、ぞうきんで屋根を拭くと勘違いしてしまい大笑い・・・でも本人は真剣なのです!

「もう少し泣いてくんねかな~!」・・・これはもう少し勘定(お金)を安くしてください、という意味。

そこで皆さんに問題?・・・大工用語で「ナメる」・・・さて、この意味は何でしょうか?
(例) 「おい!そこをもう少しナメといてくれよ!」

正解はお会いした時でも・・・

まだまだいろいろな業界にはいろいろな専門用語が存在するけど、使い勝手が良いから言葉として
生きているんですね~!

また日本語には各地の難しい難しい方言があるけど、情と温かみがあるので聞いているだけで
心が和みます。

DSCN5795.jpg
もうじき山小屋も雪に覆われます。   平成12年2月頃の写真



香り松茸、味しめじ!

目黒のさんま、という落語ばなしがある。

殿様が目黒界隈の庶民の家で食べた、唯焼いただけの旬のさんま・・・

城に戻ってもその味が忘れられず、腕の良い調理人にさんまを注文する話・・・

その調理人はその下魚のさんまに手間をかけ過ぎて素材を壊してしまう・・・

生きのいいさんまを仕入れて調理したにもかかわらず、殿様は不機嫌・・・

唯、七輪で焼いただけの素朴な焼きサンマ・・・

さんまは目黒に限る!、というオチ・・・

今夜の我が家のご飯はしめじの炊き込みご飯と、なめこの味噌汁・・・

秋ならではのメニュー・・・!

昔から、香り松茸・・味しめじ、ということわざの通り、松茸の香りは最高のモノ!

安く手に入るしめじは味がよく、松茸にも劣らないと云う例え・・・

確かに美味しい!けど、やはり松茸ごはんのほうが数段美味しい!!

手の届かない高価な松茸を皮肉った庶民のことわざかも知れない・・・

初めて松茸の土瓶蒸しを食べた時、だし汁だけ呑んでご馳走様をした・・・

カウンター越しの板さんは、私が通で中身の具は食べない、と思ったらしい!

最初は躊躇していたが・・・「すいません!中の具も美味しいので是非頂いてください」と・・・

知らないということは本当に恥ずかしいこと・・・食べてみたら美味しいこと!!!

殿様じゃないけれど、井の中の蛙じゃ寂しすぎます!!!安くても美味しい物は沢山あります、ね。


003.jpg

庶民の味・・・しめじご飯とご近所さんに頂いたなめこの赤だし味噌汁


プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR