郷愁

故郷は遠きにありて想うもの・・・室生犀星の有名な詩である。

故郷を遠い地から懐かしむ詩のように思えるが、内容はというとかなりドロドロとした詩であるらしい。

あえてそれには触れないが晩秋のこの頃、生まれ育った田舎や旧友を思い出す・・・

私には遠い田舎はないが、隣近所には、九州や沖縄、東北や北海道を田舎を持つ人達がいる。

近隣に東芝や三洋電機・・・富士重工といった大きな会社があり、またその関連会社に就職して

マイホームを建てて永住している。でも慣れない地での生活は大変だったらしい!

偶には、ご近所さんと酒を飲んだり会食したり、和気あいあいの付き合いをしているが、
住み始めの頃はお互い距離をおいての付き合いだった・・・必要以上接することは無かった。
すれ違いに挨拶する程度・・・今では冗談や悩み事など、腹を割って話が出来る様になったけど!

皆さん、毎年とはいかないが、子供と一緒にお盆や正月に帰省していた・・・羨ましいと思ったりした。

子供の成長と共に帰省の回数は少なくなっていき、まして両親や親戚の叔父叔母が他界すると、
必要以外足が遠のくのも事実らしい。 子供達からみれば今住んでるこの地が故郷になっているし!

でも皆さん、故郷の山や川や海を忘れていない!・・・「老後は夫婦で生まれ故郷に戻り、
半ば自給自足の畑仕事をしてのんびり暮らしたい!」と口を揃える・・・

埼玉で生まれ埼玉で育ち、今尚この地で暮らしている私は群馬の山や川を故郷とだぶらせては
出掛けているのかも知れない・・・



山小屋の帰り、老夫婦が農作業に追われていた・・・
スポンサーサイト

代替休日

急遽、仕事の都合で今度の日曜が仕事になってしまった。

天候や作業工程に左右される仕事なので仕方ない・・・。

昨日の夜の天気予報によると本日(26日)は穏やかに晴れるとの事・・・続いて、
紅葉情報がテレビ画面に・・・日光も谷川岳も榛名近辺も・・・群馬の山々は紅葉真っ盛り!

もう、いてもたっても居られない!!!

と、いうことで代替休日を本日とって谷川岳に強行登山に・・・!

適当に荷物をまとめて、朝5時に出発・・・コンビニで朝飯と昼飯を調達、リュックの中に・・・

水上ICで降り湯檜曽方面に・・・土合に着くと地面はびしょびしょ・・・昨晩だいぶ雨が降ったらしい!

でも空は明るく青空が出ている・・・廻り一面、赤や黄色や緑のコントラスト・・・最高の紅葉!!

平日にも関わらずやはり登山客は多い・・・澄んだ空気が気持ち良い・・・風もなく最高!!

西黒尾根から約4時間で山頂を目指して、山頂から2時間位で天神平に・・・帰りはロープウエーを
利用しての下山のコース・・・。

慌てて荷造りしたのでデジカメのバッテリーの残量が僅かしか(悲)・・・いつも何か抜けてる(笑)

携帯で写真は撮ったものの、やはりデジカメで鮮やかな紅葉は撮りたかったな~~!

3日前に谷川岳も山頂付近で3㌢の初冠雪・・・一気に寒くなって来ました。

朝のうちの登山道は濡れていて結構滑って危なかったですね!

今週末は天気は荒れ模様・・・!

山の天気は想像以上に厳しいのです。充分すぎる装備と計画を!!と、
自分にも言い聞かせて谷川岳を後にしました。

A.jpg
恵まれた天気を山の神様に感謝!

044.jpg
この美しい紅葉を見るために苦しい山道を登る!


チョット贅沢

毎年この時期に楽しみにしていることがある。

釣る事も食べる事も大好きな渓流魚・・・イワナも山女魚も鮭科の魚・・・その本家本元の

秋鮭の季節なのである。

鮭は秋に産まれた川に4年の歳月をかけて戻って来て命がけで川の上流部を目指して、
産卵して生涯を終える・・・

川は勿論、そこに生息する熊や動物達も鮭の恩恵を受けて越冬に備える。

紅葉真っ盛りの上流の浅瀬の穏やかな場所産卵・・・この風景はこの時期テレビでもおなじみです。

綺麗な水と酸素の豊富なところで稚魚となり、春の雪解け、雪代と一緒に海へと長い旅にでる。

昔、アイヌ民族は熊を山の神、鮭を川の神として敬い、その恩恵を受けては生活を成り立たせてきた。

と、NHKの教育番組みたいになってしまったけど・・・

我が家では毎年この時期に、近所の魚屋さんに頼んで北海道の秋鮭・・・しかも川に遡上する前の
一番美味しいと云われる筋子の入ったメスの鮭を頼むのです・・・

今年の鮭は北海道日高地方の襟裳岬近くの様似という所で水揚げされた立派な鮭でした。

自分で3枚に卸して筋子を醤油漬けに・・・切り身はバターで焼いたり鍋に入れて食べたり・・・

魚屋さんやスーパーに生鮭の切り身や筋子、すぐ食べられるイクラなど置いてあるし、
それを買って食べても美味しい・・・まして値段もその方が安いけど・・・
70㌢ほどのまるごと1本を出刃包丁で卸すのも、プロの様にはいかないけれど楽しいもの・・・

チョット贅沢を楽しむ恒例の秋です。

004.jpg
中身の筋子もたっぷり!・・・女王の風格!

14.jpg
生鮭のバター焼きとイクラどんぶり!


馴染みの女将

秋も深まり・・・食欲の季節になりました。

我が家から程遠くない、歩いて行ける所に行きつけの小料理屋がある。

もう20年位の付き合いだろうか・・・頻繁には出掛けないが時々は縄のれんをくぐる・・・

60代後後半の気さくなその女将・・・家庭料理(煮物)は特に美味しくて、近所の主婦が
晩のおかずにと買いに来るぐらいである。

場所柄、地元の馴染み客がほとんど、4、5人座れるカウンターとテーブル席が1つ・・・

女将一人で切り盛りしていて、週末の忙しい時は女将に瓜二つの器量のいい娘(いい年だけど娘)が、
手伝いに来る。 この娘・・・コップ酒を受け皿に溢れるぐらい注いでくれる・・・いい親子だ!!

お店が看板に近づくと時々はこの女将、酒を付き合う事もある。

昔のはなし・・・世間ばなし・・・そして苦労ばなしを今では楽しそうに語る。
女将の話を酒の肴に飲む客も少なくないのである・・・

でもこの女将怒ると怖い・・・料理に絶対の自信があるので、客が料理を残すと機嫌が悪い・・・

あまり恵まれない環境に育った女将・・・苦労をして来たからこそ物の大事さを知っているのです。

今では、自宅に冷蔵庫はあるものの保存のためどんどん奥に食材を詰め込んでいく・・・
結局、奥に仕舞った食材を腐らせてしまう・・・なんの為の冷蔵庫か分からない!!!
だから、私は食べきれるだけ作って保存はしない・・・女将の口癖である。

「肉も魚の野菜も全部息しているんだよ!それを粗末にしちゃバチがあたる! 
残さず美味しく食べてあげないと食べ物に失礼だからね」・・・!

レストランやファミレスもいいけど、育ち盛りの子供達を連れて行って女将の話を一緒に聞くのも
社会勉強としてもいいかも知れない!!

馴染みのお店に気心知れた女将・・・深まる秋にいい話に旨い酒。 今夜、出掛けてみようかな!!


072.jpg
この時期、さんまの塩焼きは小料理屋の定番メニュー・・・感謝の気持ちで美味しく頂く。
焼きあがったさんまの目を見て箸を使う・・・無駄には出来ない、とつくづく思う・・・!













こんな所で!

6日の夜、仕事を終えて山小屋に直行・・・翌日、名峰日光白根山に登山の予定。

翌朝、山小屋の外の気配がおかしい・・・最悪、降りの強い雨・・・また今回も中止かな~。

一様、ラジオで天気を確認!・・・なんとか晴れにはならないけど、回復するとの事・・・

天候には文句は云えない・・・無理は禁物!・・・「無理と遠慮はするもんじゃない」

回復の兆し、そうそうに荷造りして、いざ出発!・・・山小屋から丸沼高原まで30分たらず・・・

途中のコンビニで焼きそばパンとおにぎり数個・・・しかしまだ雨は止む気配なし!

丸沼高原ロープウエー乗り場に到着・・・行楽3連休とあって駐車場はほぼ満車!

だんだん雨小降りになってきて黒い雲が消えていく・・・

一気にロープウエーで山頂駅に・・・もうそこは人、人、人だらけ!・・・まるで銀座です。

カラフルないでたちの老若男女・・・今、ブームだから仕方ないけど皆さん有名メーカーの
高価な登山具を身に付けて・・・まるで子供の様にはしゃいでいます。

私はというと、あいも変わらず、雨具(カッパ)と登山靴だけは良い物を持ってるけどあとは、
「しまむらブランド」・・・山では私は目立ちません(納得)

山頂駅から山頂まで約2時間。それから五色沼方面・・・弥陀ヶ池を抜けて山頂駅までの、
約5時間のコース。

天気がよければ、日光男体山。尾瀬の至仏、燧。武尊。谷川岳。皇海山など一望出来る山頂も
ガスって何も見えなかった!・・・でも山頂に立つといつも満足です。(本心は残念)。

山頂でおにぎりを食べていると「○○さんじゃないですか?」と声を掛けられ、振り向くと、
仕事仲間のKさん・・・奥さんと一緒に山登りに・・・菅沼登山口から登って来た、との事。
こんな所でバッタリ!・・・山登りが趣味とは知ってはいたけれど・・・。

予定を変更。Kさん夫婦と一緒に菅沼登山口に下山・・・丸沼スキー場まで送ってもらい、
隣接する日帰り温泉「座禅の湯」に一緒に入り・・・このご夫婦、翌日は男体山に登るとの事。

私より2才若いけど、とにかく仕事は勿論、タフです。歩くのも早い・・・奥さんも同様(撃沈)

今年は紅葉が例年より遅れてるらしい・・・山頂駅より上が見頃・・・まだまだこれからです。

紅葉の代名詞!日光・・・交通渋滞も半端じゃないけど色鮮やかな山並みは何度見ても感激です。


015.jpg
満足な顔・・・これで、晴れてさえいれば(残念)

024.jpg
日光白根山頂から男体山、中禅寺湖を望む。



温泉三昧

平日の昨日、時間が取れたので私用を兼ねて草津、万座方面にドライブ・・・

初秋にも関わらず、しっかり標高の高い渋峠やその周辺は、もう紅葉が始まってましたね。

天気は曇りという予報でしたが、時々晴れ間も出て風が無いぶん、凌ぎやすい温度でした。

白根山頂のエメラルドグリーンのお釜の、神秘的な風景は何回みても感激します。

隣接するレストハウスで山菜そばの昼食・・・いつもの喧騒とした現実から離れて雄大な景色
の中で食べる食事は何を食べても満足な味です!!。標高も高いが値段も高い(涙×笑)

白根山頂から万座温泉までごく僅か・・・チヨット足を伸ばして日帰り入浴・・・
乳白色の万座の湯は草津温泉同様、群馬を代表する私の好きな温泉です。

今回もメリーも一緒だったので、草津天狗山スキー場にある特設ドックランで軽く練習・・・
万座の湯で身体がほぐれたせいか、40ヤード近くまで投げられる様に・・・あくまで自己申告(笑)
メリーも連続キャッチ!!・・・これで向い風さえ吹かなければ(願)・・・

せっかく草津に来たのだから、草津の湯にも入らなきゃ勿体無いと・・・湯畑にある無料の
「白旗の湯」に・・・ここの湯も最高の温泉です。

そしてディスク仲間で草津でうどん店を経営してらっしゃるTさんのお店に・・・

自慢の鍋焼きうどんをご馳走になり、旦那様を交えて犬談義!!・・・

尽きること無い話も区切りをつけて・・・午後10じ過ぎに帰宅。

充実した「温泉三昧」の一日でした。

いよいよ今週末は天候に恵まれれば、紅葉真っ盛りの日光白根山に登山の予定・・・近くにある
日光湯元温泉のやはり乳白色の湯も大好きな温泉の一つです。

温泉三昧
草津白根山 あと2週間もすると初冠雪もあるらしい

温泉三昧
標高1800㍍万座プリンスホテルの展望露天風呂 日帰り入浴1200円

温泉三昧
渋峠付近の色づき始めたナナカマド
プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR