山菜三昧

意外と今年は雪が多く上流部には入渓が困難の為、岩魚との対面がずれ込んでいる・・・

里山では山菜の芽吹きで賑わっていて、タラの芽、こしあぶら、ウドや行者にんにく、コゴメ
など真っ盛り・・・

旬を味わうなら天婦羅が手っ取り早いし、栽培物と違って天然物は独特の灰汁の香りが
何より美味しい~・・・

山菜には解毒作用があると言われているので此れからの梅雨の時期の体調管理にも
一役買っていると思う・・・

ホームグラウンドの尾瀬国立公園内では原則として木々の採取は禁止されているので
乱獲しなければ新芽を摘むぐらいは許可されてはいるのだけれど・・・

皆がそう自覚していれば良いのだけれど、ついつい欲が出てしまうのが人間の本性~(笑)
公然と背負い籠一杯、枝ごと伐採して持ち帰る人や二番芽や三番芽まで根こそぎ
摘み取って行く人など様々・・・
来年も山の恵みの恩恵を受けたいのなら、少しは遠慮して残しておかなきゃね~!

山菜ブームや秋の味覚や茸のブームは過熱するばかりだけど、食べる分だけ恵み
のお裾を受ける・・・人間としての最低のマナーだと思うけれど・・・

若木で立枯れのタラの木は無残な姿で悲しいほど心苦しいよね~!・・・

里山の恵み
気の合った仲間と天婦羅パーティー・・・


スポンサーサイト

いよいよG・W

昨日の28日は冬季閉鎖だった国道120号線の金精峠や水上方面に抜けるほん六峠も
同時開通した・・・

待ちに待った山小屋を拠点とした渓釣りや山登りのシーズン突入~・・・

山には、まだまだ雪は残るものの、気持ちは既にハイテンション・・・

今年のゴールデンウイークは4~7日の4日間山小屋に滞在の予定~・・・

まずは、半年振りの岩魚との再開が楽しみだし、水芭蕉の尾瀬の山開きも待ちきれない・・・

新調した釣り竿やウェーダーの感触を確かめながら、仕掛けや小物も準備万端・・・

・・・と、その前に大事な事が・・・(笑)
大型連休中に会社の改修工事の仕事の依頼が入っているので、それを決まり付けないと
自分にとってのG・Wはやってこない・・・(笑)

まぁ~!巷で騒いでいる大型9連休まで欲しくは無いけど・・・世間並みの連休もないとね!・・・

人生、仕事があるから趣味が待ちどうしいし、趣味があるから仕事は苦にならないし頑張れる!

雪にも負けずに
雪にも負けない生命力・・・見習いたいね!

春の日差し

昨日、群馬県片品村と栃木日光市を結ぶ金精峠が冬季閉鎖から4ヶ月ぶりに開通~・・・

ゴールデンウイークに合わせての開通で本格的な行楽シーズンの開幕・・・

日増しに日差しは高くなっていくし、新緑も鮮やかに輝いてきた・・・
標高のある山小屋もこれから芽吹きの季節になるけれど・・・

大型連休には毎年来客があるので、山小屋の掃除や布団干しを兼ねて先週末の土曜日の
午後3時過ぎに出掛けた・・・

山小屋に隣接するキャンプ場の山桜は、一週間前あたりが見頃だったようで花びらは
残っているものの葉桜状態・・・

この時期でも気の早いキャンパーが4,5組テントに明かりが灯っていた・・・
連休中は大勢のキャンパーで芋洗い状態になるけど・・・(笑)

更に車で北上すること30分弱・・・片品村、花咲地区にある樹齢300年の県天然記念物の
「天王桜」・・・見事な満開~・・・今年は例年より1周間ほど早いとの事・・・

山小屋に戻って雑用を済ませ裏山で山菜採り・・・食べるだけの量を採取して市販の蕎麦
を茹でて山菜蕎麦に舌鼓・・・

今週末は今年の解禁後一発目の初釣行・・・源流部にはまだ残雪で入渓出来ないけれど
遡行できるところまで釣登る予定~!

水温が低いのであまり釣果は期待できないけれど、初釣行は竿を伸ばすだけで充分~~!

キャンプにしても旅行や趣味の渓釣りや山登り・・・今年も楽しい時期がやって来た・・・

もちろん、仕事あっての趣味だけどね!・・・

こしあぶら
こしあぶらの新芽の天ぷらも美味しいよね!

急がば近道・・・

週末の高速道路は渋滞は免れない・・・

春の行楽や夏休み・・・秋の紅葉シーズンやウインタースポーツのこの時期・・・

若いころスキーにのめり込んでいた頃は、まだ週休2日制はごく僅かで殆ど日曜日
にスキー客は集中していた・・・
趣味はアウトドアーに移行していて、海や山にと週末マイカーの大移動・・・

没頭している時は良いんだけど、帰路は皆同じ時刻・・・高速道路のアクセスも中途半端
な事もあって高速の出入り口は半端ない大混雑・・・
事故でもあった時にはもう諦めるしかない・・・

それでも懲りずに翌週末も出掛ける・・・(笑)

20年位前の事だったけど、みなかみ宝台樹スキー場に友人家族と出掛けた時の話・・・

2月の連休だったけど、スキー場から帰る頃には車上には30㌢ぐらいの積雪・・・

高速道路は練馬から前橋まで通行止め・・・家に着いたのは翌朝の5時頃で、13時間
渋滞に巻き込まれた・・・

裏道は多少知っていたけど、余りにもの積雪にその勇気は無かった・・・事実、逸れた山道
で雪に埋もれて死亡事故もあった程・・・

先週末、水上高原まで犬ぞりの大会に出掛けた・・・

スキー場の駐車場まで道路に雪やアイスバーンは全然ない・・・

帰りの交通渋滞の事も考えて、帰路は高速をまったく使わず一般道の山道の迂回道・・・
幸い4WDの新しいスタッドレスタイヤ・・・多少の不安はあったけど、2時間半位で自宅に到着。

無理は禁物だけど・・・久々の「急がば近道」・・・もう無茶する齢じゃ無いんだけれど・・・(笑)

プレミアム12

ミスターG・・・長嶋茂雄の現役時代からの根っからの野球ファンなんだけど・・・

今回のプレミア12の小久保監督には色々批評が飛び交っている・・・

韓国チームの監督の試合終了後のインタビューが印象深い・・・

「ノーヒットノーランにならない限り一度はチャンスは訪れる・・・」

そう!韓国はその一度だけのチャンスで逆転勝利をつかんだ・・・

侍ジャパンにしてみれば毎回のように得点チャンスにも恵まれたが追加得点に至るだけの
打線は湿っていた・・・打とうという覇気が伝わって来なかったのは俺だけだろうか?・・・

予選リーグから5連勝であったけれど、決して楽な5連勝では無かった筈・・・

小久保監督は綺麗な野球に拘り過ぎたのかも知れない・・・ベストナインは所属チーム
に戻れば皆、クリーンナップを打つほどのメンバー揃い・・・言わば皆4番バッター・・・
もっと相手チームを揺さぶる汚い(語弊だけど)ドロドロとした野球でも良かったのでは
ないだろうか・・・スクイズやヒッテンドランとか相手の守備を掻き回す程に・・・

主審や塁審の誤審も気になったけど・・・それは両国お互い様・・・

継投云々より、湿った打線が敗因だと思うし・・・それなりに打線が繋がっていれば
大谷投手のノーヒットノーランも出来たかも知れない。
結果的に完璧過ぎる大谷投手を見殺しにしてしまった・・・

チームプレーの野球・・・個人的には名指しは出来ないが、やはり監督の采配に疑問が残る・・・
トーナメント方式では負ければお終い・・・その怖さは先取点の余裕など無い筈・・・

皮肉にも3位決定戦でのメキシコ戦で7回コールド勝ちというのが逆に後味が悪いよね!

大谷選手は今日のメキシコ戦の打線をどういう気持ちで見つめていたのだろうか・・・

「打線は水もの」と云うけど・・・それで片付けたら、あまりにも好投の大谷投手に申し訳ない・・・

今後、小久保監督の進退問題は浮上するだろうけど、責める訳では無いけど侍としての
決断をして頂きたい・・・

日本代表の最高責任者として・・・
プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR