再会

半年振りの渓釣り・・・

今年は雪が多かった事もあってやっと入渓が叶った、と云っても源流域はまだ無理で
上流域での釣行・・・

まだまだ雪代の水量は多く水温は冷たくて岩魚の活性はイマイチ・・・

上流域は羽化はおろか、川虫の存在自体ほぼ皆無・・・

毎年、この時期なら毛鉤を追ってくるのだけど、まだまだ淵の奥深くで水温が上がるのを
待っている様だ・・・

でも、こう云う時はこう云う時なりの釣り方があって、深みのトロ場をじっくり誘うように
活餌を流し込むに限る・・・丹念に誘いをかければ必ず捕食する・・・
活性期の大胆さは無いけれどアタリは竿先から伝わってくる・・・

ポイント、ポイントで魚信はあったけれど極端に小さい針の為、針掛かりのリスクも大きい・・・
しびれを切らして岩魚から捕食を諦めることもしばしば・・・

でも、芽吹いたばかりの五月雨後の青空の下での岩魚との再会を楽しんで来た・・・

食べる分だけ持ち帰りあとはリリース・・・塩焼きと冷酒で満足の週末・・・

雪代が治まれば本格的な源流域での岩魚釣り・・・楽しみだね!・・・

再会 border=
小ぶりの可愛いイワナだけどね!







スポンサーサイト

いよいよ解禁!

3月1日、待ちに待った渓釣りの解禁・・・

と云っても雪深い源流部での釣りはまだまだ先の先で早くても5月の連休以降~・・・

里釣りに関しては、解禁日は人ざかりのお祭り騒ぎ・・・仕方ないけど(笑)・・・
アクセスや気候条件もあまり気にしなくていいし安易に入渓出来るしね・・・

成魚放流が主流になった昨今では無理も無いけど・・・それはそれで楽しければ良いと思う・・・

あまり里釣りの放流魚は渓釣りを始めた頃から興味は無かったし・・・源流域の天然イワナ
の魚振と魚形は格別たるもので一度経験すると病み付きになるほどに感激もの・・・
勿論それなりのリスクは付きものだけど・・・

もっぱら利根川水系がホームグラウンドだけど出来れば群馬県から抜け出して憧れの東北
へ野営の連泊遂行でも実現したい・・・
渓釣り趣味の経験年数だけはいっちょ前に35年近く・・・飽きっぽい性格の割には
よく続いている・・・(笑)

今年は思う存分渓釣りに没頭したいし、勿論、山登りにしても欲張りたいよね!・・・(笑)

解禁2017


名も無い渓

尾瀬戸倉を過ぎると二岐になり、水上方面と尾瀬大清水方面と分かれる・・・

大清水まで車で向いその先に奥深い渓がある・・・最源流部まではかなりの遡行になる・・・

渓相は素晴らしく、いかにも岩魚の宝庫、と言った感じだけど・・・

利根川水系は支流も多く広範囲に点在している・・・殆ど私はこの利根川水系、とりわけ
支流の片品川を拠点としている・・・

我が家から近い事もあるけれど、その反面、高速からのアクセスも良い事もあって
首都圏からの釣り人も多い事も隠せない・・・

もう、渓釣りも30年以上続けている・・・殆ど単独釣が多いのは、マイペースが保てるから・・・

一般に朝晩のマヅメ期が岩魚の活性が上がると云うけれど、勿論の事だけど梅雨のこの時期、
あまり重要視しなくても充分釣果は期待できる・・・

朝の3時に自宅を出発・・・水芭蕉の最盛期、尾瀬のマイカー規制中の事もあって戸倉の
駐車場は満車状態・・・勿論、尾瀬沼に抜ける大清水の駐車場も一杯だろうと不安も
あったけど、とりあえず大清水まで・・・

国定公園内にある尾瀬では勝手に路上駐車は出来ない・・・予想は的中・・・大清水
の駐車場も規制中の張り紙が・・・

辛うじて駐車スペースを確保・・・しかし、駐車場の車の全てがハイカーとは限らない・・・
釣り目的の車も相当ある筈・・・

確かに渓に降りると釣り人の多さに期待も半減・・・入渓している先釣者を追越す訳には
いかない・・・仕方なく、暫らくは距離をおいて後を追うことに・・・

土日休日の昨今、土曜日に釣り人は集中するのは仕方ない・・・暫らく釣り登って行くと
左から流れ落ちている小さな名も無い沢を発見・・・意を決して釣り登ることに・・・

誰もが見落としそうな魅力の無い沢・・・しかし、岩魚は期待以上に毛鉤に食いついてきた・・・

釣りに限らず何事も見た目だけの判断は出来ないね~(笑)・・・

でも、ここは熊の聖域・・・早々に引き返した・・・

名も無き沢
今回は岩魚の干物にしてみる事に・・・







渓の恵み

先週末、今年初めての渓釣り・・・

7ヶ月振りの釣行だけど・・・まぁ~、10月から3月までは禁漁だけど・・・

仕事を終えた土曜日の夕方山小屋に向い、翌日曜日の早朝から入渓・・・

ホームグラウンドと云っていい程の群馬、片品川源流域・・・
毎年、5月の連休後を目安に入渓するけれど、今年はまったく雪がない・・・勿論、5月も後半だしね!

逆に云えば、雪代も落ち着いて水温も多少上がって川虫も豊富で岩魚も食いが良くなる・・・

当日は気温も上がり毛鉤釣りでも岩魚は反応してくれるけど、敢て今回はエサ釣りで挑戦・・・

まだ深場で餌を待っている時期だけにポイントを絞りやすく丹念に誘いを掛ければ殆どの
ポイントで魚振が穂先に伝わってくる・・・

いわゆる入れ食い状態・・・渓の恵みに感謝、と云うのも納竿を余儀なくされる出来事が・・・
山の主ならぬ・・・熊の新しい糞を発見・・・これ以上は危険と判断・・・

山菜やたけのこ採りなど、今年は熊に襲われる被害が多い気がする・・・

勿論、熊や鹿や猪などの彼らの聖域に人間が踏み入る訳だから、それなりの自覚は必要だよね!

何事にも感謝!・・・それは渓釣りに限った事では無い筈・・・

川虫

渓の恵み

作戦会議

と、言う事で昨夜は釣り仲間と作戦会議・・・

来月、1日からいよいよ渓流釣りの解禁に向けての作戦(?)・・・ただの飲み会~!

我々のテリトリーとしているエリアは雪深い源流部のため5月のゴールデンウイーク
近くにならないと入渓出来ないので、そんな慌てる事では無いのだけれど・・・(笑)

まだまだ寒さは厳しいけれど、春の便りは日増しに近づいてくるだろうし・・・

春は釣りに限らずアウトドアーの幕開けだし、草木も華やいで最高の季節になる・・・

その前に片付けなければならない仕事に悩まされるけど、それも毎年の事・・・

「春が待ち遠しい~ね!」・・・そう言って昨夜は仲間とグラスを傾けた・・・

解禁間近
何も言う事は無し~!(笑)・・・
プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR