加仁湯

栃木県、奥鬼怒温泉郷、「加仁湯」・・・

極寒の先週末、倅達が以前から行きたいと言っていたので・・・自分は紅葉の時期に
訪れたことがあるので今回、二度目の訪泉・・

東北道、宇都宮インターから日光有料道路を経て鬼怒川川治方面に・・・圧雪された白い道
をひたすら川俣方面に車を走らす・・・
川俣湖を過ぎると間もなく旧夫婦淵温泉跡・・・ここがマイカー最終の駐車場・・・
ここからは徒歩か宿の送迎を利用しなければ目的地の加仁湯に辿り着けない・・・

以前、秋の紅葉を満喫しながら宿までハイキングコースをのんびりと歩いて行ったけど
今回は宿に送迎をお願いした・・・

最終駐車場から宿までは本格的な雪深い狭い林道になるけれど雪道に慣れている
運転手だけど宿に着くまでの30分弱は緊張の連続だった・・・

宿に着くと帳場で事を済ませ早速にごり湯の温泉を堪能~・・・異なった5つの源泉と
露天風呂はほとんど混浴で開放感たっぷりの温泉三昧を楽しめる・・・

自分は温泉や温泉宿にはこだわりを持っていて、にごり湯で有る事、宿代は平日に限って
一万円以下で有る事・・・宿代が高くて立派な温泉宿は沢山あるし、泉質を売りにしていても
値段が高くては魅力に乏しい・・・そこそこの宿代で満足出来る温泉は探せばいくらでもある。

ここ、加仁湯は料理も美味しく、条件を満たしてくれるお気に入りの温泉宿の一つである・・・

標高1400㍍弱に位置する加仁湯・・・アウトドアーの拠点としても申し分ない・・・

次回は渓釣りや山登りでお世話になりたいと思った・・・

加仁湯1
雪深い山奥の風情に癒やされる・・・



加仁湯2
白濁の第三露天風呂(混浴)





スポンサーサイト

休日返上

遊びたいけど・・・我慢かな~

この3連休は仕事も然ることながらプライベートの用事も重なって・・・

極寒のこの時期でもウインタースポーツや諸々のアウトドアーで賑わっている・・・

来月になれば、いよいよ渓釣りも解禁になるし暖かくになれば山は一層賑やかになる・・・

自由業というのは正しく自由だけど見た目以上に制約も多い・・・(笑)。必ずしも土日、休日
が休めるとは限ってないし、連休に工事の行程を組み入れる事の方が至って多い・・・

ゴールデンウイークは疎か年末年始の突貫工事も稀に覚悟してなければいけない・・・
仕事柄、仕方の無い事だけど・・・

巷では土日、祝日が定休日になっている会社員だけど、飲食店や旅館など携わす諸々
のサービス業の人達も数多い筈・・・それで経済は成り立っているのだけれど・・・

公的な会社員と違って代休も有るような無いような~、で終わってしまう・・・

反面、自由といえば自由で曜日に拘らず休みが取れる・・・勿論、保証が無いので
無収入だけど・・・(笑)

元来、自由業の家系~・・・子供達も皆、サービス業・・・

良い事ばかりじゃ無いけれど、それなりの生き甲斐も勿論あるから・・・。

休日返上
工場内の安全を考慮して休日返上の改修工事に・・・仕事優先だけど、遊ぶ時は遊びます!(笑)

段取り八分

仕事関係の事になるけれど二週続けての寒波による積雪・・・

決算期に重なって1200㎡の工場の屋根の大規模改修工事・・・一週ならまだ、二週延期の
荷揚げ作業は大幅に工期に影響・・・

天候に左右される屋外作業だから仕方は無いのだけれど、雨なら翌日晴れればなんて事
無いのだけれど雪は溶けるまで数日を要するし・・・

物事は合理的にトントン拍子に進む事もあれば、入念に下準備を重ねても後手後手の結果
に収拾に手こずる事もしばしば・・・天候に限った事だけではないけれど・・・

ま~、自分の仕事に限った事では無いのだけれど、お天道様から何らかの恩恵を受けて
生活している人は稀にも多いと思うし、例え仕事そのものが屋内であっても多少の影響も
関わっていると思う・・・

暖かくなってくれば雨も多くなってくるし、梅雨や秋雨も全ての生活に通じている・・・

自然に逆らうことなど出来ないし、昔から自然を上手に利用して今の生活が成り立っている。

「段取り8分」、という言葉があるけれど、雪空や雨雲を睨みつけてみても何も解消
しないし前進も無い・・・

逆手に利用出来ることの器量が全ての明暗の岐路なるんだろう~・・・

夜明け前
心にも余裕を持たないと良い結果は得られない・・・

寒中御見舞

山小屋から寒中御見舞申し上げます・・・

今年は雪が多いですね!・・・生活道路から外れている山小屋なので行政の除雪の
対象外で大雪になると車のみでたどり着くのも一苦労・・・

4WDにスタッドレスタイヤでもRV車じゃないので雪嵩が多くなると車ではたどり着けない・・・

狩猟期間中なのでRVの先行輪ダチがあれば可能なのだけど・・・やはりリュック背負って
6、7百メートルはラッセル遡行で雪を掻き分けて・・・必要最小限の荷物のみの持参なので
不都合極まりない・・・ま~っ!それはそれで楽しいのだけれど・・・

静寂の中でしんしんと降る雪を見つめているだけで癒されるし、時々訪れる小動物の
愛らしさに笑みが綻ぶ・・・

山小屋も利用するようになって10年目に入った・・・当初は渓釣りや登山の中継点として
利用していたけれど近年では冬の期間でも楽しむようになった・・・

スキーなどのウインタースポーツも歳を重ねると億劫になってしまったけど昔友と再度
挑戦したいし楽しみたいよね・・・

暖房機も薪ストーブに温風ヒーター、ホットカーペットにオイルファンヒーターと、実家の
埼玉より充実している(笑)

仲間との共通の趣味や語らいの場としての山小屋だけど、一年を通して楽しめるように
開放していきたいと思っています・・・

春はまだまだ先ですが・・・

寒中御見舞






朱には交わらない

人間、最後は一人になるのだけれど・・・皆、それは覚悟の上で生きている・・・

ただ、生前に一人孤立したり扠せられたりと、その寂しさは極まりない・・・

人と人の間には何らかの繋がりがあるしその繋がりで人は生きている・・・

自分の意見や考えを他人に押し付ける人や、逆に人の意見をまったく無視する人など
人間、十人十色・・・個性といえば個性なのだけど・・・

どうも人間という生き物は集団の片隅にでも籍を置いてないと心配で気が気じゃない・・・
同じ価値観の繋がりがないと落ち着かないのだろう・・・

でも、個性という観点から見ると詰まらない人生にしか映らない・・・

自分の意に反しても他人に相打ちを打ったり上辺の笑みを浮かべたりと・・・影でコソコソ
と反発したり話に色を付けて大きく変えたりと・・・

全ての行動や言動はいずれ自分に降り掛かってくる・・・隣で笑みを浮かべて相打ちして
くれてる仲間や職友から愛想を尽かされない為にも自分の真意をはっきりする事だよね!

「朱に交われば赤くなる」・・・良きも悪きも・・・ならば、朱には交わらない選択も一理ある・・

男一心
信念を貫く事は大切だけどそこには割り切れない人間関係の色々な弊害も・・・




プロフィール

Author:BO-merry
埼玉生まれのS31年生まれ。Mixの愛犬メリーと
週末は群馬県片品村にある山小屋を拠点に自然を満喫しています。

アクセスカウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR